願い叶える 次のStepへ

ハリウッドの上から眺める景色を願って。

TravisJapan全国ツアーIMAGE NATIONに入国したよ

「TravisJapan Live tour2021 IMAGE NATION〜全国ツアーしちゃってもいいですかっ!?〜」

2021年3月30日(火)13時半、18時、4月4日(日)18時公演大阪に行ってきました!

 

久しぶりに生でみるTravisJapan。コンサート。最高でした!!大好き更新したっ!!という感想をつらつらと。

f:id:smyckak:20210415144310j:plain 

1.OVER TRUE

赤い幕の真ん中に大きく〝TravisJapan〟の文字。音が鳴って照明が光り今か今かと待ち構えると幕がゆっくり上がっていって見えたのはセットに板付でスタンバイするTravisJapanの姿。それだけでもう物語の始まり。舞台のような彼らのエンターテイメントShowのスタート。

 

2.VOLCANO

首脳会談の円卓のようなセットに各国の王が勢揃いしたようなテイスト。

通常なら歌っている人に視線を向ける宮近くんですが指を指したり手を組んで一瞥するだけだったりして、歌い手側も例えば元太くんは机をバーンっと叩いて歌い出すなど議論を繰り広げているように見える踊りをしているのが想像国家の始まりってだけでとても震えた。

いつもと違って座って踊るのが斬新。円卓の中心にカメラがあってそこに向かって歌うのも新鮮!なんとなくこの曲の演出はうみんちゅ主導で作られてる気がする。

2番で机の上歩く宮近くんかっこいい!貫禄があってどの曲でも立ってるだけで雰囲気あってめちゃくちゃかっこよかった〜!マイケルみやちだった!(違)

 

3.獣と薔薇(Hey!Say!JUMP)

宮近くんのセリフに痺れた〜!その後センターで照明を操る姿が印象的

〝暗闇で光る牙と花びら 夜を切り裂いて何処へ行くだろう〟の振り付けが特に好き。全体通してとても好きな振り付けだったからこの振付師さん大好き!だから多分2019年夏のDistanceと同じ振付師さん(・レ・)!(決めつけるな)(ただの願望)

 

4.Yes I scream (Kis-My-Ft2)

2019年の夏。コロナ前最後の有客コンサートで楽しかった曲。大サビで上からメンカラの各国の旗が降りてきて各々振り回してるのが可愛かった。

 最後のサビに入る時

 如恵留くんの〝Yes!Yes!Yes!〟

そこでほんの少しブレイクがあるんだけどその瞬間会場全体がまっっ白のライトに包まれた!あの数秒で涙出た。あぁ、TravisJapanの未来は明るいな。あの眩しい光の中から自信に満ち溢れて堂々と前を向いてパフォーマンスしてる姿が見えた瞬間!感無量でした。

 

Interval

吉澤閑也オンステージ!

先程使った旗がステージ上段に並んでいてその旗を1つずつ投げ捨てながら踊る閑也くん。モニターには各国の王とコンセプトが映し出され、これから何が始まるんだろうってとてもワクワクしました!  

Moon 松田元

Shine 松倉海斗

Passion 宮近海斗

Smile 吉澤閑也

Innocent 川島如恵留

Nature 中村海人

Love 七五三掛龍也 

 

5.〜Moon〜Happy Groovy JAZZver.

2020年虎者で披露された時は宮近くんからスタートでしたがしめちゃんが踊りだしをしていてそれもまた好きでした。(っちゃっちゃーの)音を足でとったり帽子でとったりして変えてて見てて楽しい!曲調が変わってアップテンポになるところで全身使ってClapできちゃうのが楽しくて!舞台では終始素敵でうっとりしちゃう印象だったけどコンサートはまたもう1歩楽しくなっちゃうやつでした。

 

6.〜Moon〜Interactional (堂本光一)

7つの箱のような部屋のようなセットに入って踊る。歌っている人の部屋が光るようになっていて気怠そうにしてるのも好きだったし歌っている人の動き(動)と歌っていない人の動き(静)のバランスがすごく好きでした。大人っぽい色気を纏ったTravisJapan最高。

途中部屋から出て全員で踊るところの宮近くんの音のノリ方がめちゃくちゃ気持ちよくて大好きでした。

 

7.〜Moon〜Last Dance (Hey!Say!JUMP)松田ソロ

映像の月と元太くんのダンスが合わさって見える瞬間息を呑むほど美しかった。

最後のアカペラ。力が入って感情全部乗っかった瞬間にぶわって揺さぶられて鳥肌がたった。純粋に歌声だけで泣いたの多分綾香さんのライブで第一声聴いた時以来でした(個人的すぎる)(Together Nowで毎回泣く癖に←)

 

8.〜Shine〜手と手 松倉ソロ→全員

オレンジのあったかい木漏れ日のような光の中でギター片手に弾き語る松倉くん。

メンバーが見守るように歌っているのも顔を見合わせてるのもあったかくてとても優しい時間でした。ペンライトのオレンジの海とても美しいです。

 

9.〜Shine〜アオゾラペダル(嵐)

ペンライトでみんなで1つになれる曲。とても心穏やかにみてたのに突然語り出す松倉くん。

〝みんなの笑顔たこ焼きみたいに可愛いです。青のりかけてソースかけて食べたいです。どれにしようかなぁぁぁああ〜すを眩しいくらいに〜♪(3/30大阪昼公演)〟って感じで歌い出すからほんとお腹痛かった笑笑

 松倉くんってなんであんなに可愛くて面白いんでしょ?大好きでした笑

 

10.〜Passion〜独白→アクセントダンス

〝情熱の言葉の意味を知っていますか?〟そんな投げかけとともに続く宮近海斗の言葉たち。

皆さんの応援が嬉しいですし楽しいですし頑張れます。パフォーマンスが僕らからの情熱。次がいつあるかわからない。絶対なんてない。後悔しないように。今を1番楽しんだもの勝ち。

そんなような言葉たちが脳裏に焼きついた。

アクセントダンスは光の使い方が天才すぎてずっと息できなかった〜!何回も圧倒されてたじろいでしまった!閑也くんが2017年の夏にやってたみたいに光を操っているようなパートもたくさんあってそれもとても好きだったし、照明との融合というか宮近くん自身が光の中で踊る部分が特に熱くてとてもとても好きでした。

 

11.〜Passion〜Beat Line (Hey!Say!JUMP) 

手数が多い打つ手を止めない怒涛の振り付け〜!宮近くんの振りだ〜!めちゃくちゃかっこよかった!まずイントロでブレイクのフットワークがあるの!虎者でブレイクにハマったのでしょうか?4日のトキメキ決めポーズではチェアーしててかっこよかったです!

1番は歌う人が順番に真ん中にきてその人が目立つような揃った振りぽいんだけど2番になると急に全員バラバラの振りでアクロバティックに展開するの!かと思えば大サビで突然胸張って立ってゆっくりした動きになるところとか緩急の付け方も大好きだったし何より熱量をビシバシ感じてめちゃくちゃ熱かった!気付いたらめちゃくちゃ手握り締めながら見てた!笑

何度も出てくる〝Don't Don't Don't Give Up Hey!〟のバリエーションも豊かで追いきれない!目に焼き付けたいけど追いつかない!宮近くんの情熱が詰まった最高に熱いsectionでした!

 

12.〜Passion〜Get Alive

煽り曲と化していたゲトアラ先輩。

会場全体使っていっぱいいっぱい煽ってる姿って無観客じゃ見れないし見てるこちらもすごく久しぶりな感覚でとても楽しかった!いっぱいペンライト振っていっぱい体動かした!盛り上がった!

 

13.MC①

コンセプトや国の説明をしながらカーニバル師匠を待つ時間。MCどれも全部めちゃくちゃ楽しかったけど割愛します。

 

14.〜Smile〜Talk it Make it (2番)

閑也くん振り付けのトキメキ2番!2020/4/2放送の少クラで踊ってたやつですね!サビ以外ほぼ自由みたいな感じだったから終始ふざけ倒す宮近くんがめちゃくちゃ愉快で大好きでした!

Aメロのちゃかげんは俯いて倒れてる元太くんに近づく宮近くんが毎回いろんなことしてて手引っ張って起こしたりわざと?躓いて転んだり笑

〝手探りでも前を向いていこうEveryday〟のちゃかまちゅも指ハート送りあったり投げチューしたり可愛い!

Smileの国王閑也くんによってファンサタイムになる日もあるようですがとっても楽しかったです♡

 

15.〜Smile〜CARNIVAL NIGHT part 2(嵐)

閑也くんの振り付け講座あり。相変わらずちょっと難しい笑 いつも振り付け講座の時は誰かしらが後ろを向いて踊ってくれる優しいTravisJapanが大好き。今回はフォーメーションで前後前後って交互になっていて途中で前と後ろが入れ替わってみんながどちらからも見れるように配慮されてたのが優しい閑也くんの国って感じでとても好きでした。

毎回何かしらネタを仕込んできてるのがComedy tigerらしい笑 ノーズシャドーの回は一生思い出しては笑えるくらい最高の思い出になりました笑(3/30大阪夜公演)

ラインナップ(横一列)になるところでW炸裂してるから毎回可愛い!なぜか手を握られる宮近くんとかじゃんけんしちゃってたりとか見逃し厳禁!

終始笑顔になっちゃう楽しくて笑える優しい閑也くんの国でした〜!

 

16.MC②

ドラマの番宣など。番宣がたくさんあるのがとても嬉しい。こちらもめちゃくちゃ面白かったけどMCは割愛です。

 

17.〜Innocent〜Rolling days (嵐) のえちか

Innocentって純粋無垢とか純潔、潔白って意味だと辞書は言っているのですがこれを〝美〟の国と称する如恵留くん。彼の考える〝美〟とは??(というかコンセプトをあてがったのは松倉くんなので松倉くんのそれをどう昇華したかって感じですかね?)

 

この曲は宮近くんが以前雑誌で、2人で披露するなら看守を如恵留くん自分は囚人で考えていたと明かしていたもの。(2020年TVガイド9/4号)

 

宮近くんのソロコンで披露されたのを見た時は、善と悪、表と裏、光と影、看守と囚人、その交わらない2色は表裏一体でいつ裏返るかわからない。「絶対なんてない」と知りつつ「棺桶までTravisJapan」永遠を信じたい。どこまでもリアリストでロマンチストな乙女座宮近くんらしい演出だなと思っていたのですが(個人的主観。諸説あり。)

宮近くんは最終的に囚人が主導権を握った後相手を殺してしまう。ある意味永遠を手にしてしまうんですよね。〝どこまでも深い場所まで二人堕ちてゆけるなら〟なんて恐ろしく深い愛…。

 

今回の演出では赤い服の如恵留看守が長い棒を持ち白い拘束衣に目隠しの宮近囚人が目隠しを外したのちに棒を奪われ攻守が逆転する。交わりそうで混ざらない赤と白。光と影の中踊る2人。〝終わりなんて怖くないのさ〟宮近囚人に棒を突きつけられる如恵留看守。そこで曲が終わる。日本のドラマの最終回か!(え?)やり返すでもやられるでもなく睨み合って走って交差する。最後まで描かないところがなんとも如恵留くんらしい〜!!描かない美しさ!!エモいんですよね。彼の考える〝美〟ってエモなの!?

 

宮近囚人が登場するRapのところ。〝終わりなんてないはず〟ここを如恵留くんが歌うのも意味深だな〜と。如恵留くんの愛って深くていつも溢れているけど向こうから来られると戸惑うというか、触れたいけど大事すぎて触れられないみたいなのをたまに感じるからそういうのが全体的に現れていた気がしました。(諸説ありすぎ)

 

18.〜Innocent〜STAY(SMAP)

まず松松が2人で歌い出しをすることがすでにエモ。オレンジと青の光が綺麗で美しい。

1人ずつ集まってきて半円にならんでみんなで顔を見合わせて歌う姿を見てると永遠を信じたくなる。その夢を信じさせてくれる7人。美しいですよね〜アイドルだな〜。

 

〝たったの50年一緒に…〟手で5ってしながらメンバーを見つめたのちに客席を見渡す7人。泣ける。エモい。TravisJapan大好き。泣

 

宮近くんが〝いろんなことを乗り越え〟でぎゅっと玉虫衣装の胸の辺りを握るのが個人的にぐっと来てしまう。ずっと7人で笑っていたいね。

 

19.〜Nature〜Water drop(関ジャニ∞)

イントロの水音で大地に水滴が落ち、最後のサビの蛍光緑のタットで芽吹き木が生い茂っていくのをダンスで表現しているようでやっぱりうみは理論派だな〜と思った。椅子の上に乗って傘をさす宮近くん見てると大きな1本の木に見えるんですよね(個人的主観。諸説あり。)芽吹いていくところすごいトトロ(え?)映像でも1つの大きな木が描かれていくのでそう感じるのかもしれないです。

 

上手でのえしめが椅子を使ってペアダンス

下手でちゃかげんが傘を使ってペアダンス

奥で3人で踊るも、うみが1人スカーフのような布を持ってストーリーテラーのように歌い進めて行くところに物語を感じる作り込まれた世界観がとても情緒的で好きでした。

 

宮近くんの切ない演技のように踊るところがとても好きで〝だけどわかってるもう僕の声は届かない〟最後の元太くんが歌うところの宮近くんの後ろ姿にギュッとなって泣きたくなります。

 

20.〜Nature〜Rain(嵐)中村ソロ

こちらは草木に雨が降って花が咲く様子が描かれているように感じました。フェイクの後にぶわっと花が咲くシーンとても綺麗であの情景はずっと忘れないと思う。うみんちゅの好きなところはその花が全員のメンカラになっているところですね。

 

うみが1人で踊ってるの見ると大きくなったね〜!泣 って親みたいな感情を抱きがちなんですが(え?)今回は違って1人のパフォーマーとしてすごくカッコよくて惹き込まれました。サビの振りがシェイクが得意なうみにぴったりで好き!

2020年のEnter1234567でも好きだったのが相手を感じさせる演出で。今回も宙に浮いた傘にそこにいる〝誰か〟を感じることで歌詞の世界観がぐっと入ってくるのが好きだな〜と。うみの理論的な世界観の作り方、宮近くんと対照的でトラジャの幅に繋がっていると思っているのでどちらもいいな〜と思います。

 

21.〜Love〜星に願いを(Kis-My-Ft2)しめしず

天使の羽根を背負い煌めく星の海の中で歌うしめちゃんの儚さ。悲しい愛。さよならの愛。

天界と下界触れたいけど触れられない超えられない1線が2人の間のパーテーションに描かれているようで切ない。

 

ラスト去っていくのは閑也くんで床にしゃがみ込んで悲しく見上げるのはしめちゃんなんですよね。そこにグッときてしまった。しめしずForever

 

22.〜Love〜White Love(Hey!Say!JUMP)

メンカラのリボンがついたステッキを持って踊るトラジャが可愛くて愛おしい。お城にパーっと光が灯っていく瞬間のわくわくと多幸感!幸せな愛。

 

ペアになってステッキを合わせてハートを作るところのWカイトが大好き!

〝I love you I love you〟で7人が思い想いのハートを届けてくれるところも可愛い。

 

おそらく30日は普通にニコニコしてたであろう最初の歌い出しの宮近くん。4日の大阪公演から〝たったひとつだけ願いが叶うのならば〟とお口に人差し指を当ててうーんって斜め上に願いを思い浮かべるような可愛いお顔をするようになったのはいったいどんな心境の変化で??可愛すぎてびっくりしちゃった!笑

 

23.夢のHollywood

前奏にのせて各国の国王が自国の一言紹介をするとともに宮近くんが〝今日創り上げたImage Nationは夢へと導く大切な鍵、共に羽ばたきましょう夢のHollywood〟なんて言った後に歌割りが変わった夢ハリを聴いたらもうね。いろいろ考えちゃったけどここで気持ちを新たにまた違ったTravisJapanが始まるのかな?なんて。3幕のスタート?「気付いたら7人だった」初めて湾岸で見た7人の夢ハリからずっと5+2なんて思ったことなかったけど、歌割りはそうだったから。ちゃかまちゅで〝憧れのドリームステージを歌っているのがなんだかとてもくすぐったかった。笑 


変遷が多かったその過去をターニングポイントとしてプロモーションするつもりはありません。と言い切った宮近くんを思い出したんだ。(2021年Dance  SQUARE vol.42)

 

ラストのタップはターンになっていましたがターンに合わせて後ろのお城の煌めきが変化するのがとってもディズニーで最高でした!(ディズニーとは?)

 

24.T∀BOO (KAT-TUN)

おどろおどろしい音楽と3.3.7拍子に合わせてセットが大回転。映像では7つの色が合わさって1つになったのちに再び飛び散ってわかれていく様が描かれていて一体何が始まるのか…?

 7つの部屋でメンカラの小さな地球儀のような球を操りながら踊る7人。こんなテイストの曲ってあんまりイメージがなかったからとても新鮮でした。

 

25.Face down (嵐)

電飾マントに身を包んだ7人。2020年Enter1234567で初披露したものが生で見れた!(MステDVDにも収録されています)思った以上に綺麗だった〜!ラストのダンスやっぱりカッコよくて大好き!

 

26.The Show

新曲。今までのTravisJapanにはない曲調でダンサブルでカッコいい!今のこの時代だからこそのサウンドって感じですごく気分が上がった!

トラジャってジャニーズ伝統のペンライト振りやすい昔からあるようないわゆる表拍強調の曲が似合うところもあるけどこの手の色の曲も手にできてしまうからとてもズルい!

なにより7人のパフォーマンスに自信がみなぎっていてすごく気持ちが乗っているようで見ていてとても楽しかったです!

 

飛び散った7色の光が小さな球に宿り、電飾マントに変化することでそれぞれの国の個性がだんだんと大きくなっていくように感じて最後はまた1つになって爆発するように〝踊る〟TravisJapanだーーー!と!7つの個性が1つになった瞬間の爆発力が半端ない!大好きな大好きなだいっすきなTravisJapanでした!

 

〝We are TravisJapan Thank you 〟なんて幕が閉じる瞬間に宮近くんが言うもんだからやっぱり3幕のスタートなんだなって大泣きしてしまった。嬉しかった、ワクワクした、悲しかったわけじゃない。でもちょっとあの瞬間みゅーとくん最後の夏が一気にフラッシュバックしたのは内緒。

毎公演言ってると思ったら30日の大阪から言い始めたみたいでこれまたどんな心境の変化なんでしょう?ただただその言葉からTravisJapanである自信と誇りをとても感じるのでカッコよくてね。あーーーほんとなんでそんなにカッコいいの?大好きだなって思いました。

 

EC1.UNIQUE TIGERS

ツアーTシャツに頭に王冠乗っけてすっごく楽しそう!可愛くてかっこよくて面白くて最高のアイドルです。

 

EC2.Lock Lock

Drop it ガチャがある笑

〝マジRun &Run〟でスライディングしてキラキラ撒き散らかしてく宮近くん好き!笑

声は出さずとも最後までみんなで盛り上がって楽しいあったかい時間を作ってくれるTravisJapanに感謝です。

 

 

 ・・・・・・・

 

 

コロナで声を出せない公演だからこそのShowテイスト!テーマがハッキリしていて物語性があるコンサートとても大好きでした!

ホールという大きさだからこそ伝わる細かい演出の数々に今だからこそできることがたくさん詰まっているようで嬉しくもありちょっとだけ寂しいです。きっと次はもっと大きな箱で全国ツアーをすると思うので!笑

ド派手な演出でまた違う引き出しを見れる喜びも想像しつつ演技のように踊る繊細で細やかな大好きなTravisJapanのShowの形は大きな箱でどこまで通用するのか?伝わる温度感がまた変わってくるような気がするねって友達と話したりして…。

でもきっとそんなこと吹っ飛ばすくらいカッコいいTravisJapanがそこにはいるはず!新曲見たらその未来を確信してしまった!とてもとてもわくわくしました!

なによりも7人が同じ方向を向いているような気がしたこと、自信に満ち溢れていたこと、とても楽しそうだったことが印象に残っていて今年もたくさんの幸せと想いを感じ、ありがとうを返していきたいなと思うのでした。

 

 

いつもありがとう。大好きです。

 

 

  

(余談)

しめちゃんがあの夏を思い出す的なことをMCで言ったので裏テーマに今までのコンサートや舞台の欠片をちりばめられているような気がしてきて気になったところをぼちぼち羅列していこうかな〜と。まだ数公演入る予定があるのでまとまったらどっかに書きたいなと思います。

 

P.S.

たこ焼き美味しかった!元祖ラジオ焼き!好き!大阪楽しかったでーす!

うみちゃんお誕生日おめでとう!(ちょうど4/15に書き終えた)

Enter1234567をエンターしたよ!配信ライブの感想

「TravisJapan LIVE 2020 ENTER1234567」 2020年9月26日(土)17時半、27日(日)14時、17時半、全3公演お疲れ様でした!

 本当だったら春にライブツアーが予定されていましたが配信という形で秋に帰ってきて下さりありがとうございます。

 

もうほんっっっとにとっても楽しかった!!!!!!!

 

中止が決定した4月にこのブログで独自のセトリを組んでEnter1234567を勝手に脳内開催したんですが甘かったですね〜!またアップデートしたトラジャを感じて涙が止まりませんでした〜!という感想をつらつらと。

 

Enter1234567 セトリ

 

特典映像 Dance With Me ~Lesson 1~

ファンクラブ限定動画ではありましたが雑誌でも言っていたように〝TJに加入する、ライブの世界に入る〟をすごく感じました。まるでトラジャのポップで明るいエンターテイメントの夢の世界へ誘われているような感覚。「ほらおいで!楽しいよ!一緒に行こ!」そんな感じ。3公演3パターン楽屋口から会場へ、横アリの入り口から会場へ、スタッフさんもみんなで一緒にセット裏から会場へ、このバリエーションも可愛くてすごく楽しかったです!(2公演目外の映像雨降ってたぽくていつ撮ったんだろ〜?とか思ったっていう余談)

 

OP映像

あの!!1234567ってパスワードだったんだ!!っていう!!笑

パスワードを入力すると始まるTravisJapanのエンターテイメントの世界!!最高!!わくわくが止まらなかった!!

 

1.GET ALIVE

2.Criminal(ジャニーズWEST)

3.Unique Tigers

 自己紹介がてら3曲ドンドン!って感じで痺れる!今の勢いそのままに踊り狂う新曲から始まるステージ。めちゃくちゃかっこよかった!

〝僕たちの姿を皆さんの目に決定づけて、そのコンサートを広く発信したい〟その意味がもう最初の3曲で理解できた気がしてしまうがまだ入り口なんですよね。【踊ろう】歌詞にこの言葉があること。熱量を爆発させるようなダンスの気迫からダンスを武器とし、踊るそのプライドを感じました。自己紹介曲でそれぞれの個性と可愛いギャップも目に見えてグッと掴まれて離れられない!!UTのラスト横並びの彼等の後ろに白く伸びる数本のライトが天高く真っ直ぐ登っていく様は彼等が目指す場所へまっすぐ続く光り輝く道のよう。これから先も全てを力に変えていく彼等の強さをとても感じました。

 

Criminalが天才だった!!もうほんっとにそれ!!全部!!好き!!笑

階段使ったフォーメーションも歌詞に合わせた振り付けのオンパレードからサビ前で全体へ視線を動かしてグッと奥行きが出たと思ったらサビで7分割モニターに歌ってる7人の顔がドーン!そのモニターの前で踊る7人の〝静〟と〝動〟のコントラストがめちゃくちゃカッコいい!!これ!!誰が!!考えたの!?宮近くんでしょ!?(決めつけるな)全部最高!!

 

―Entertainment 1st ACT―

アミューズメントパークのようなバラエティに富んだ色があちこちに散りばめられていてジェットコースターに乗ってるみたいに一気に駆け抜けていってずっと楽しくてあっという間に終わった1st actという印象。

 

4.Entertainment(Hey!Say!JUMP)

しめちゃん振り付けのスパイスがとっても効いていてスタイリッシュな〝大人カッコいい〟を体現してたように感じました。ソロダンスの宮近くん毎公演至高だった〜!うぁ〜!

 

5.Bad boy(大野智 )  閑也ソロ/松松

ソロコンで出していた自分の武器を存分に発揮して帰ってきたBad boyって感じがした!誰が見ても楽しめる演出がとても好きです。個人じゃなくてステージ全体を見ても楽しめる。そういう視点は大きい会場になればなるほど才能を発揮できると思うしますます先が楽しみになりました!

 

6.カ・ク・シ・ゴ・ト(北山宏光)  中村ソロ

うみは理論派なんだなぁって思ったこの曲の演出。歌詞から連想する情景と全部結びつく感じがしました。「唇で語れたらカクシゴトをはじめよう」薔薇で女性の(マネキンの)唇を塞ぎカクシゴトを始めるところが1番好き。女性との絡み方の温度感も好きなところかもしれない。

 

7.ROCK THA TOWN(Sexy Zone)  宮近ソロ/松松のえんちゅ

反対に完全感覚派の宮近くんだなぁと!笑 アメリカのイメージそれ!?みたいな笑 なんかわかんないけどずっと楽しい!もう曲のポップ感と衣装と醸し出す雰囲気ととにかく全部が楽しい!よくわかんないけど楽しい!笑 そういう空気をいつもまとって周りも巻き込んで楽しいが連鎖するところが大好き!ちゃか松松のいつもの戯れまでみれるのも嬉しい!

 

8.ムラサキ(赤西仁)  しめソロ/閑也

しめはしめ!!!なんかもうほんっとにしめ!!!どう頑張ったらその儚さと憂いを帯びた色香をまとえるの??とか思ってたらあ…男だ!ってなるから困る。笑 閑也が後ろで踊ってるのがまたすごくささった!色を消すのがうまい!かつ必要なところでグッと出してくるから目が離せない!しめしずForever

 

9.Take Over(Kis-My-Ft2)

曲の混沌としたイメージとそこからかけ離れた規則性のある軍隊のような振りのギャップをうまくまとめるダンスができるのはトラジャだからなのかな?途中のWカイトのラップすごくカッコよかった!配信では1つの映像の周りを16分割の画面が囲んだりしていて混沌とした様子がさらに増したように感じました。曲の冒頭に銃撃戦のような銃声が鳴り響いていたので戦争なのかな〜?画面分割することで大軍にみせてるような効果もあったように感じます。

 

10.It's BAD (田原俊彦)

混沌というイメージから1番ギャップがあるシンクロダンスをここに持ってくるとは!?まさにジェットコースター!衣装も振りも極力ムダを削いだシンプルなものなのになぜか引き込まれる!すごい圧を感じる!カッコいい〜!センステ360°全方位掌握するフォーメーションチェンジ最高!いつもと違ってクラシックなイメージから少し離すような、歌詞に合わせた振りがAメロに入ったことでカジュアルさが出て前の曲とのギャップをそこまで感じずに2曲続けて見れるようになってる気がしました。なんとなくここ2曲が繋がってるように感じるのもそういうところなのかなぁ?2つの曲の間に一呼吸振りがあったのもすごくささった!

 

11.if(Kis-My-Ft2いちごみるく

幸せ〜!もう全部幸せ〜!パステルカラーの衣装も4人の表情も柔らかい歌声もぜんっっっぶ幸せ〜♡

 

12.男 never give up(Sexy Zone)  トリプルカイト

すっごいふわふわした気持ちでいたらものすごく笑かされた!笑 なんだこの3人!元気でた!笑

トリプルカイトの楽しい休み時間って感じ!英語の発音王とは名ばかりの頑張れば英語に聞こえる日本語を交えた3人の楽しい時間だった笑 全部○アンド○の○スイノセイダヨ…笑(真ん中の人ジャニーさんだったよね??違)

 

13.JAM LADY(関ジャニ∞)

可愛い楽しい元気!歌詞に込められた意味はちょっと端に置いといて。笑

本来だったらファンの近くに行こう!って時間だったのかな?トロッコ連結させて電車みたいになってたの可愛かったし楽しそうに手振ったりしててみんな可愛かった〜!ド定番化してた山手線外回りの時の気持ちだった!楽し〜い!しかもラップなところが今のトラジャの強みを発揮してるみたいでさらに好きだった!

 

14.Talk it Make it!

セルフカメラにぎゅぎゅっと集まるTravisJapanかーわーいーいー!愛した!

トラジャの1番の武器は?仲の良さ!って元太くんが言っちゃうのわかる気がする!2番初披露サプライズも嬉しかった〜!なぜかみんなめちゃくちゃ走ってメインステージに帰るのアホ可愛いしこの人いたの笑った(宮近海斗「全力①」 https://j-island.net/movie/play/id/2517 ISLANDTVより)

これも本当はまだまだみんなの近くに来てくれる曲だったのかな?Enter1234567脳内開催した時にも書いたけどファンサ曲のときって遠くに行っちゃうと寂しく感じる気がしちゃうけどみんなで踊ったりできるポップで明るい曲だとずっと楽しくて嬉しいからすごく好きだなぁと思います。

 

15.Lock Lock

まだ踊るの!?ってシンプルにびっくりした!キスマイ兄さんから頂いた衣装を着てキスマイ兄さんに授けてもらった2曲を披露するTravisJapan愛らしい後輩だぁ〜!ひとつだけ物申したい。なぜにハンドマイク!?ヘッドセット首にあるじゃないですか!!あの激しい振りをハンドマイクで!?ツンプルに疑問。凄い!ハンドマイクだと一生ドルフィンできないじゃないですか!?宮近くん!!オースティンのときもそうだったことにこの時初めて気が付いた!(え?)

 

 MC

楽屋感そのままのグダグダが面白いってくだらない平和な空気感が存分に味わえた!笑 踊ってると職人みたいな時もあるけど喋ると雰囲気がガラッと変わって!トラジャのこういうところが大好き!

 

16.朝日を見に行こうよ(SMAP)松田ソロ/のえちか

元太くんのソロコンのディナーショーのテイストを存分に味わえる1曲だった〜!耳が幸せ〜!MCでゆったりまったりした空気そのままにスッと入ってくる歌声がとても心地良くて幸せでした。

いや、でも、まさかカホン宮近に出逢えるとは!?みたいな気持ちもあった!笑

 

―Entertainment 2nd ACT―

うみが雑誌で言ってた〝他のグループとはちょっと違うものを持っているグループ〟そのトラジャにしか出せない色を存分に発揮した2nd actという印象。ダンスに対する熱をヒシヒシと感じて自然と涙が溢れてめちゃくちゃかっこよかったです!

 

17.夢のHollywood

赤いリボンの映像からEntertainment 2nd ACTの文字とともに幕が閉まり曲の始まりとともに幕が開くとコンサート会場が一瞬で劇場に早変わり!ハリウッドだーーー!ってなった(行ったことも見たこともないが←)

既存の振り付けを大幅に変えてパントマイムのようにステッキを操る様子はまた一味違ったショーの世界!(いつしかの帝劇のDWMのパントマイム思い出した〜!こういうエンタメもこれから武器のひとつにしていきたいのかなぁと思ったり思わなかったり?笑)

 

18.愛のかたまり(KinKi Kids)

19.Namidaの結晶

ミュージカルの空気感へ!一気に曲の世界観へ引き込んでいく力がすごく増して気付いたらどんどん画面に顔が近づいていってた!笑 息が…止まる…!!

 

20.so Crazy(中山優馬)

天才だったーーーー!しめちゃんが作詞作曲したのはこの曲の冒頭に付け足したラップの部分でしょうか?あのラップがあることでここでまた1つ色が変わるのを感じました。ダンスと演技の融合!言うのは簡単だけどこれが出来てしまう人が7人もいるなんて…!!はぁカッコいい。この曲だけでそれぞれの物語が思い浮かびすぎてしまったのですが割愛します。

 

21.め(Hey!Say!JUMP)  のえソロ/全員→しめしずちかんちゅ

息が止まるほどショーの世界に引き込んだらお待ちかねの楽しいコンサートパート!まさかこの落差のパートをのえるくんが担当する未来が来るなんて!?TGC〈Toraja Glasses Collection〉とTGC東京ガールズコレクション〉をかけてメガネモデルと化したメンバーもめちゃくちゃ面白かったしあれをニコ動で配信してるような仕様の画面にしたところよ!!川島ワールド全開!!笑 (赤マリさんコメントしてたよね!笑)

ダンスの武器を際立たせることができるのはこうやって効果的にいろんな引き出しを開けれるからだと常々思っていたのでこのパートがあってうれしかったしそれをのえるくんがやってるのがまさかでほんとびっくり嬉しかった!

 

22.The Red Light(KinKi Kids)  松倉ソロ/元太→全員

松倉くんの燃えるような魂の叫び!!ギターをかき鳴らす姿カッコいい〜!と思ったら元太くんが出てきて青と赤の正反対の色が燃え盛ってるのがもう!うぁ〜!やっぱり松松かよ〜!みたいな!

エモかと思ったら松から松へ眼鏡リレーしてたり後半メンバー集まってきてソロで繋いでくのカッコいいんだけどちょっと面白いの入ってきたりしてなんだこの世界観!笑 アーティスティックなんだけどちょっと面白い松倉くんのそれが滲み出てきてしまってる気がした笑 松倉くんほんと好き

 

23.Happy Groovy

松倉くんギターでハピグル〜!またちょっと色を変えたハピグル〜!これはカッコいい方向性なのか?と思いきやエアギターで応戦するメンバーいるわみんなサングラスで賑やかだし楽しかった〜!会場でお客さんもいたらC&Rでみんなで盛り上がるさらに楽しい時間になったんだろうな〜!

 

24.ROCK YOU(嵐)

ペンライトを持って!〝離れていてもひとつになりましょう!いくよ?〟の顔が優しい〜泣 メンバーが外周に散った先がメンバーカラーに色分けされていくのが綺麗だし全員集まったらグループカラーの紫になってるのも素敵だった〜!曲の雰囲気も好きでした!

 

25.Sugar(嵐)

ペンライトをひと振りするとスタンドマイクへ色が移ってメンバーカラーにキラキラ輝くのが魔法のよう✩.*˚

ここでまたガラッと雰囲気が変わってさっきまで盛り上がって楽しいパートだったのが大人の色気漂う空気に変わって〝大人かっこいい〟が再び顔を出すのがすごく好きでした!

特に3公演目の宮近くん蛇口ひねりに捻りまくって色気ダダ漏れだった〜!!

 

インターバル?

宙に浮く小さいボールを4人で操るような様子から画面変わって映像を使ってボールを3人で操ってその1つのボールがメンバーカラーの7つのボールに分かれることでトラジャの個性が爆発するような、個々がもつエネルギーが何倍にも乗算されていく合図のような。

 

26.Face Down(嵐)

ライトがキラキラ付いた布に包まった7人がパッと見えた瞬間うわぁーーー!ってなった!笑 横アリ規模だからこそ映える映像美!ここが1番会場で見たかったー!見え隠れする素顔が歌詞と合わさってすごく好きでした!

ラストのダンスもすごく好きだった!これ!考えたの!宮近くんでしょ!?(だから決めつけるな)笑

 

27.VOLCANO

7つに分かれたボールがメンバーへ降りてきてブワッと炎に変わって浮かび上がるVOLCANO!前の曲で使っていた布が旗になって連なってるのもめちゃくちゃ見応えあってカッコよかった!ラストに向かってどんどん熱くなりダンスに対する熱をヒシヒシと感じて自然と涙が溢れてめちゃくちゃかっこよかったです!

 

28.宇宙に行ったライオン(関ジャニ∞)

ここでまたみんなで1つになろうと言ってくれるTravisJapan。(お客さんも)みんなで一緒に。そんなところがすごく好きです。何度も聞いてきたけどこんなにも気持ちを込めて歌ってる姿にすごくグッときました。

 

29.Together Now

もうなんかありがとうが溢れる〜泣 「たしかなモノなんてない でもずっと信じて行くよ」大きく頷いた宮近くんの顔が忘れられない。満開の桜吹雪のようなキラキラと紙吹雪が舞うのを見て春のライブだったなぁと優しい空間に温かい春の風を感じるようでした。

 

ED映像

Enter1234567→Enter Tainers この文字を並び替えてTravisJapanに。

トラジャがエンターテイメントを生業にしている誇りを感じる公演でした。

 

 

・・・・・・・

 

 

書いてて胸いっぱいになってる笑 配信直後の感想がこれでした。

公演を見た後のものすごい充実感に包まれる感じがとっても好きです。見るたびにアップデートしてくる彼等が作る温かい空間にありがとうをいつも返していきたいなと思わせてくれる。大好きな7人です。

 

今回のセットは初めて全部自分たちのためだけに作られたもので、2nd actになった瞬間に舞台の顔に変わったところとか本当にこだわって作ったんだなぁというのが伝わってくるようでした。曲と曲の間で一瞬照明の映像が入ってくるところとか、映像だからこそわかるこだわって作ってる部分かなぁと。特にvolcanoのラスサビ前のブレイクでぶわっと会場全体に真っ白のライトが広がっていくところとか!あの映像だけでも鳥肌たったけど会場であのライト浴びたらめちゃくちゃ気持ちが高まるんだろうなぁと会場行きたい欲が顔を出しました!笑

配信ならではの演出とあの会場だからこその演出。どちらも兼ね備えた楽しいライブを感じることができてとても幸せでした。このような形で届けてくれた気持ちに心からありがとうを伝えられたらいいなと思います。そしてまたこれからのTravisJapanのライブがますます楽しみになりました!いつかまた会える日を楽しみに…

 

TravisJapanありがとう大好きです。

 

 

  

P.S. 余談〜!

数年前のステージでのトラジャって歌い出しほとんど宮近くんだなぁと思ってた時があって。その時曲の歌い出しってその曲全体を印象づける大事なパートだと言われてることを知ったんですが、今回多くの曲の歌い出しを元太くんが担っていたんです。今回の〝大人カッコいい〟のコンセプトに1番適した甘さを持った素敵な声だなぁと思いました!


Enter1234567に関することを話している雑誌の一部を4月に下の記事の冒頭にまとめたのですが、私はしめちゃんが言った〝コンセプトは大人カッコいい〟をものすごく重視してセトリ組んだけど蓋開けてみたらめちゃくちゃエンターテイメントでびっくりした!笑  最後のメッセージがEnterTainersになるのとても納得でした!

https://smyckak.hatenablog.com/entry/2020/04/11/180000


ちゃかパラをみたよ!最高の夏免許センター!

2020年8月10日「Summer Paradise 2020 俺担ヨシヨシ 自担推し推し 緊急特別魂」宮近海斗ソロ公演12時、15時、18時お疲れ様でしたー!

 

宮近海斗〟がいっぱい詰まったコンサート!楽しくってうれしくって大好きでした!という感想と空想をつらつらと。

 

1.O.N.E ~Our New Era~(Sexy Zone)

2. Shelter(坂本昌行)

3. Masterpiece(関ジャニ∞)

4. Rolling days(櫻井翔)

5. スクランブル(Hey! Say! BEST)

6. 砂のグラス(A.B.C-Z)

※セトリのグループ名は歌詞検索ででてきたものを採用しています。

 

最新の武器を惜しみなく披露してぶん殴られた感じ!なにこれ知らない!いや、知ってるかも?みたいな。敢えて言葉を選ばずに単語を並べるとしたら

「帝国、圧倒的センター感、サイコパス、メンヘラ、心中、悲恋」って感じかな?

3曲連続で強いのが来て頭が麻痺したところに現れた新しい人格にあぁ今って宮近くんこういうイメージ持たれてるな〜ってなって実はこのセクションが1番グッときて泣いてしまった。新しい宮近くん見せつけられるといっぱいいっぱいになって零れ落ちる。最新の武器と雰囲気はこのセクションなんだな〜ってのが最初の感想。

 

そして勝手に噛み砕いて自分仕様に実装していくとなんとなく最新から過去へ遡っていくように見えるんですよね。センターとしての自分がいて、囚われて立ち止まって手を伸ばして時を戻す砂時計のような…なんとなくね。

 

思い出メドレー

7. $10(SMAP)

8. NEVER AGAIN(KAT-TUN)

9. Dial Up(7WEST/NYC boys)

10. Will Be All Right(KAT-TUN)

コントコーナームチャ振り戦隊コナスンジャー

11.Your Seed(Hey! Say! JUMP)

 

そして遡った思い出メドレー!高校生の宮近くん!セクボ!あらちか!トラジュ!そんな時もあったね〜なんていろんなものを思い出しながら。でもやっぱり今ここにいる最新の宮近くんなんですよね。力の抜き方とか?オシャレな大人になっちゃって!まったく!笑

コントコーナーもクリエではお馴染みの宮近くんの十八番って感じで実は1番やって欲しかったのがコントだった笑 あのめちゃくちゃトンチキ衣装着て大真面目に 諦めない〜♪って歌ってるの好きです!!去年のサマパラのスキすぎてからの生着替えの流れが私にとってはこのコーナーと同じ意味を持ってて。表現者としての顔とアイドルの顔の両面を持ってるこの抜きの部分があるからこそダンスの武器が一層際立つというか…So 好きです!

 

Jr.コーナー

12. DON'T U EVER STOP(KAT-TUN)

13. BANGER NIGHT(Hey! Say! JUMP)

 

14. Where My Heart Belongs(Hey! Say! JUMP

15. まいったネ 今夜(少年隊)

16. イン・ザ・ルーム(嵐)

17. はだかんぼー(山下智久)

18. Swing!(V6)

19. To my homies(嵐)

20. 間違っちゃいない(ジャニーズWEST)

 

 WMHBは懐かしさもありつつジャニーさんへ想いを馳せつつ…。ここは帝劇か!?帝劇の座長なのか!?みたいな一気にショーの世界へ転がってった(ゴロゴロ〜)

まいっちゃって部屋連れ込んではだか…って流れはちょっと置いといて〜笑

はだかんぼーのLockはザ・宮近海斗!だね!スリルの時みたいにガチガチのLockが似合うしその畑を地盤に持ってるな〜楽しそうだな〜!っていう!衣装もこのためにあったんじゃっていうダボっとしたシルエットで最高だった!

Swing! はまた曲調が変わってそこに言葉遊びを盛り込んだ感じがしたかな?言葉選びを大事にしてる宮近くんならではの遊び方で可愛くて楽しくてにこにこしちゃう!

 

ショーのような世界観はひとつ大事にしてそうな部分だなって思ってて。もうひとつがラップでね。元々みゅーとくんがラップ担当みたいなところがあったからいなくなって最初の内くんのサマパラバックの時にJr.コーナーでやったCha-Cha-Chaチャンピオンのラップのリハではボロボロのラップだったとか言われてたんだよね。(Dance  SQUARE vol.21参照)おそらく消去法みたいに選ばれたんじゃないかな?と思っていて。Jr.に入ったばかりの宮近くんはあんまりカラオケにはいかない人でラジオでM流すような両親が歌ってるから知ってるみたいな曲流すEDMより歌謡曲の世界観、HOUSEよりHIPHOPのgroove感を持ってる人だと思ってたんだけど、いつの間にかラップにハマってます!って言うようになってミリヤの曲流すようになってラップ曲いっぱい披露してきてラップが宮近くんの武器になったと思っていて。groove感も変わったなって。裏拍で煽るようになったよね笑

そんなラップに乗せて今最高に大切な仲間が〝家族〟が出来たんだって胸張ってここに立ってるよって言ってるようでここもまたにこにこしちゃったんだよね。

 

そこで最初に噛み砕いた最新から過去へ…そして未来へ。この部分が〝間違っちゃいない〟にこめられてるような気がしてしまってね〜。

 

実際に過去披露したものを少しアップデートして披露したところからいろんなものを吸収して今ここにかけがえのない仲間ができて、そのいろんな遠回りかもしれなかった全てを〝間違っちゃいない〟って。全部大事にして未来に持っていくんだって言ってるように見えて。彼自身が懐古厨なんて言われがちだけど宮近くんがステージで過去のものを披露する時ってとても前向きに見えるんですよね。未来を感じるからなのかな?私は過去曲始まるとわくわくしてにこにこしながら見ちゃう人なんですよ。今回もそれで(笑)絶対にアップデートした今の宮近くんの表現なのでわくわくするんですよね。

トラジャはいろいろあったから過去に囚われてるような気持ちってファンの人の中にもいろんな形であるんじゃないかなと思っていて。知ってるからこその気持ちも知らないからこその気持ちも。それを全部引っくるめて未来に持ってってくれる人が私の中の宮近くんって人で。立ち止まって振り返ってもいいよって言ってくれるし過去のものも必ずアップデートしてくるから新しい世界がここにあるよとも言ってくれる。なんとなくね。彼の言葉から引用するとNewジェネレーションを作っていかなきゃいけないと。(キントレ8/16朝公演より)

 

21.ROCK THA TOWN(Sexy Zone)

22. Crazy Accel(A.B.C-Z)

23. 真夜中のシャドーボーイ 〜 SENSE or LOVE Remix〜(Hey! Say! JUMP)

24. Together Now

 

 

ラストスパート!絶対的最強の武器のダンス!怒涛のダンスパートこそ彼!って感じで最後まで最高の更新速度がこの夏最速で駆け抜けていったなと!最高の夏の免許更新完了しました!

 

 

そんな感じで全編通して宮近ヒストリーだったな〜と。会見で宣言した通り宮近海斗としてやりたいもの、いろんなバリエーションの宮近海斗がいたなってなんだか全部スーッと入ってきてめちゃくちゃスッキリしましたね!

 

 

・・・・・・・ 

 

 

さて!ここまでもめちゃくちゃ自分本位の解釈で感想述べてきたけどここからはもっと超個人的な感想なぐり書きしておきます。P.S.

 

shelter!ほぼ踊らないshelter!また新しいのを更新してきた!去年はまちゅのギターっていう新しい武器があって。毎年少しずつ色を足し品を変えてるこの曲がついに宮近くんが強い気持ちを込めてぶつけてくる曲になってた!揺るがない芯が一本通った宮近くん自身をどーんとぶつけられたような衝撃!だからその手の中に込められているものはなんですか???宮近くんが手を握るたび伸ばした手の先を見るたびに考えてきたそれ。守りたいもの。きっとTravisJapanだよね。なんてね。

 

スクランブルのコンテ!前にSo Crazyでコンテ踊った時に途中で歌詞の解釈が変わったから踊りも変えたって言ってた時があって。スクランブルでは全公演違う動きはしてるんだけど解釈は一致してる気がしてその解釈を解きほぐしてみたいなと思った次第でした。

 

それと似たような感じでSwing!の終盤とはだかんぼーのイントロでフリーダンス盛り込んでるのがすっごく嬉しかった!今、身体が赴くままに踊ってる感じがしてオースティンの時のわくわく感があってとっても楽しかったです!まぁSwing!のラストはピコ太郎だったけど笑 なぜか夜公演いろんな芸人さん出演してましたね(してはいない)

 

デジわ!うぃるびーのときの揺れる速度が手振りと同じであの団扇のひとつひとつをファンの人1人1人って考えて見てくれてたのかな〜と。全然映ってなかったけど$10の時も流れてたのもなんか会場にいる気持ちにさせてくれて嬉しかったな。

 

WMHBからの流れが1番好き!!!!!!!

 

ちかみゅの沼の住人の人格こんにちは〜!砂グラ、マスピ、はだかんぼーって!おまけにshelter!みゅーとくん!って呼ぶ声がどこかで…あれ?笑

全部みゅーとが披露したことある曲で思い出メドレー以外が思い出に溢れてるってどういうことー!?ことー!?ことー…(元みゅ担のやまびこ)

  • 砂グラはセクセカでワンフレーズだけどソロ歌唱があって。宮近くんはそのときセクボで$10してたね。
  •  マスピはIクリエで兄組(ひろしめのえみゅ)とMADEとMADで秋山大河くんの振り付けで披露しててLove-tuneではみゅーとくんの振り付けでだったかな?
  • はだかんぼーは'16クリエのみゅーとくんのソロ曲で2回目のサビからメンバーみんなが仮装してバックについてくれたんだよね!あれをみゅーとくんはLove-tuneの湾岸でも披露してたらしい笑
  • shelterはみゅーとくんが初めてソロを任された時に歌ったものでもあり、宮近くんが9年連続で披露してるものでもあって。私の中のTravisJapanといえばの曲だったりします。

まさか宮近くんの公演見ててみゅーとくんを思い出す時間があると思ってなかった笑

はだかんぼーはみゅーとくんの振り付けのままって言われてるみたいだけど私の記憶では〝まま〟というよりオマージュかな?だったらいいなって感じです。サビまでは完全に宮近色!みゅーとくんほぼ踊ってなくて鎖骨見せつけてきたので()

ただ踊り始めのワンエイトは見覚えある気がした…!「放っといてなんて言っちゃってないで♪」の手とかみゅーとくんは前に出して固定してウェーブ流してた気がするしステップもあそこまで細かいのは宮近くんらしいかな?って。みゅーとくんはもっと大きなステップ踏んでた気がする…(というのも'16クリエ映像ないから完全記憶捜査)

ひとつ確実なのは「全てを曝け出せた方が♪」のところはみゅーとくんシャツめくって腹チラしてたんだけど宮近くんはジャケットずらして背中見せてたんだよね。お腹より背中のが自信あるんかなやっぱり笑

あの頃みゅ担してたからバックについたときの宮近くんの振りは覚えていないのでもしかしたらバックの振りそのままなのかもだけど…(星眼鏡でふざけた顔してたのしか覚えてない笑 )なんにせよみゅーとくんの要素を盛り込んでくれたかもしれない宮近くんにびっくりでした!笑

※追記:宮近くんと振付師さんの合作だそうです(Dance SQUARE vol.40参照)

 

友達と話してる時に宮近くんの選曲って記憶の中から出てくるよねって話をしたことがあって。じんとドライブ中にキスコー聞いててトラジャでやりたくね??ってなったのとか。

今回もそういうのを感じて。別に全然みゅーとくんとかじゃなく自分が聞いてて好きな曲とかやってみたい曲とかにたまたまみゅーとくんがいただけの話だと思うんですよね。ジャポでバックについた時に聞いたとかセクバニコンの配信みた時に気になったとかそういう宮近のいつも(日常)からの選曲がまた面白かったな〜という。これもまた深読みですね笑

 

そんなソロコンサートの最後7人揃ったときの笑顔に全てが詰まってたかな!これから先をまた、とても楽しみに感じられる素敵なコンサートでした!

 

最高の夏をいつもありがとう

 

Enter1234567を脳内開催してみた〜あとがき編〜

Enter1234567を脳内開催してみた。いかがでしたでしょうか??本編では各自の想像にお任せして楽しんでもらえたらなという部分もあったので細かく描かなかったところもあったのですがここではカフェで友達と喋ってるみたいな感じでたまに脱線しながら詳細とか作っていく過程とかを書いていこうかな〜と。(ただ書きたいだけ。のえまるより長い。)劇的にラフに。てきとーに。スタート!

 

 

〜構成〜

f:id:smyckak:20200402041031j:plain

ジャニーズ初の外周の形by松倉 ……いや無理無理!考えらんない!まずジャニーズのコンサートの外周全部把握できない!1曲目がポップアップ登場だし本当は最初浮島を作ろう!って外周からポンポン島が生えてるみたいなの考えたけど移動とか考えるのしんどくなってやめた。斜めの花道にしたのはトラジャって外周使って踊る傾向があるから斜めだとカノンとか使っても正面から見て綺麗かな〜ってことで。ありきたりな形の外周になってもーた。そこも本当ごめんなさい。

 

〜セトリ〜

 

 

OVER TRUE

コンセプトはトラジャの公演に入る。観客も演出の一部になる。ってことでティジェがEnter1234567の公演をパソコンで見てるって裏設定。ロゴはティジェに作ってもらったからティジェもトラジャの立派な一員。

ちな、公演の前後で会場に流れてるのは手洗いソングWash Your Hands。開演15分前に1度会場内のモニターに踊ってるトラジャが映る。

 

①Entertainment(Hey!Say!JUMP)

Enter1234567の1〜7に当てはまる言葉にエンターテイメントは欠かせない!ってことでどこかにこの曲を持ってきたかった!迷ったのは関ジャニ∞のEJ☆コースター。大人かっこいいがコンセプトだったし1曲目はどこかで触れている曲がいいかなと思ってJUMPさんのツアーについた時に披露されていたこの曲に。

 

②COUNT 7EVEN(Kis-My-Ft2

曲並べた時になんか足りない感じがして悩んでたらYouTube配信でこの曲が流れてセブン!!!!!!!ってなってセトリ入りしたやつ。オシャレだしカッコいいし大人カッコいいコンセプトぴったりだしセブンだし!(まだいう)カウントズレで踊るのとか簡単な振りであんまり踊らない感じだけどカッコよく魅せる演出がいいな!できたらまとくん(林真鳥くん)に振り付けしてもらいたいーーー!まとくんのフォーメーションの作り方好き!歌ってる人に自然と目がいってフォーカスされるような振り付け!サマパラ'19のDistance(Kis-My-Ft2)の振り付けはまとくんだと勝手に思ってる。 

 

③Happy Groovy(TravisJapan)

最初にセトリ考える時にトラジャのオリ曲は全部入れることとソロ曲を作ることを条件にしたからここで登場させたハピグル!斜めの花道使ったのはダダッダッダッダンスなう♪のところとか綺麗に見えるかな〜ってところで。Bメロの頭は宮近くんが気持ちいい〜♪で上手側に魔法をかけて近くから順番にポンポンポンってポーズとってステップ〜♪で下手側に目線を振って近くから順番にポーズとってく感じにしたいな〜。ハピグル毎回やるけどまだ振りのアレンジはない気がするからなんか変えたの見てみたい!

 

④さくらガール(NEWS)
⑤ファンファーレ(Hey!Say!JUMP)
⑥YSSB(ジャニーズWEST
⑦Lock Lock(TravisJapan)
⑧Water Drop関ジャニ∞
⑨舞い、恋(中山優馬

このセクションは春夏秋冬セレクト。春から初夏、夏、真夏、秋(雨)、冬(雨)。というのもセトリ考える時、最初にファンファーレといつかやって欲しかったWater Dropは決めてて、宮近ソロを舞い、恋にしたらLock Lockの入れどころわかんなくなって春夏秋冬にしよう!って無理やり決めた!笑 それで春曲探してたときにセブチ(SEVENTEENって韓国のアイドルグループ)の回し者の友達から新曲の練習動画送られてきてさくらガールに決まった!

元太センターの落ちサビのイメージはこの動画から作ったので友達には感謝🙏(私はセブチは半分も顔と名前一致してない)ピンクの布はプリセットし忘れたらどうしようもないから確認しっかりしてね!宮近くん!(YouTube 切なさ、ひきかえにゴワゴワタオル事件より)

youtu.be

舞い、恋の宮近くんは物語の主人公のようなイメージで。踊るというより演じる。休憩なしでここまで踊ってるからなるべく踊らないようにしたかったしメンバーも出ないようにしたかったけどいないのもなんか違う気がして(ソロのときバックにメンバーがついてることを後輩からもびっくりされて公演を見た人達が印象に残ってる部分でよく話してくれてたから。安嶋くん檜山くん皇輝くん湧くんとか。アイランドTVより。)モニターに映像で出演してもらうことに。一緒に考えてもらった元太担の友達にこれ大丈夫??担当泣かない??って心配されたけどどうなんだろ??

 

①⓪ある日願いが叶ったんだ(V6)

友達からの推薦曲!だから元太プレゼンツにして映像とか演出を重視してみた。最後の4ポーズは可愛いポーズとか顎のせみたいな7人で繋がるポーズとかをやる予定で練習してたけどおそらく日に日に動きがおかしくなってくしWi-Fiよけるし最終的に元太オンステージでそれ見て笑い崩れるメンバーになってそう笑 前のセクションで降ってた雨が上がって虹がかかるイメージ🌈最後に客席をバックにピースするのはエンドロールで今日の公演を1枚入れたかったから後からの付け足し。トラジャの公演に入るってところが目に見える形になったらいいなって思って作ったところ。

 

①①Talk it!Make it!(TravisJapan)

トキメキ衣装でトキメキをやらずしていつやる!?ってやつ。スタトロに乗ってた4人は地上に降りたらセンステ周りの階段からはけて虎の着ぐるみ着て準備!

 

①②秘密(嵐 二宮和也
①③夢のHollywood(TravisJapan)
①④MC
①⑤私のオキテ【チキンバスケッツ】(SexyZone)

ソロ曲考える時、しめちゃんのチキバは即決でやって欲しかったのとしめちゃん御所望の着ぐるみをいつどこでやろうか考えた時にソロ曲を盛り上がるもの、可愛い、バラード2、シック2、セクシーに分けてやろうって決めてまちゅに白羽の矢が立った!着ぐるみにしたら大人かっこいいのコンセプトからズレまくるから多分今回は着ぐるみやらないだろうなって思ったけど姫が御所望なので脳内ではやるしかない!ってことで。笑  で!まちゅソロ考えてた時にダンス量からして頭付きのガチ着ぐるみは酸欠で死ぬ!!と思ったからフードタイプにして、なんかないかな?って思ってた時にYouTubeでUnique Tigersの動画が上がって内輪を顔にさしてるの見てこれだ!!!!ってなった。

youtu.be

そのままグッズ紹介したらまちゅが虎に着替える時間もできて一石二鳥だった!しかも買ってください!(飼ってください)ができて一石三鳥だった!さらに虎まちゅをスクショしてたらゆーめーのーはーりうー♪って歌ってるようにしか見えなくなって次の曲が夢ハリに決まった(一石四鳥)まちゅの登場シーンお気に入り。見た目虎だし全部真面目にやってもだるくなると思ってフィンガータットver.を召喚することにした。

MCは楽屋の話とかホテルの部屋割りとか多分教えてくれる。(教えて欲しい。)ちな、リトかんちゃんが考えた罰ゲーム私の中では組体操で扇とかそんな感じのイメージ。

 

①⑥砂のグラス(A.B.C-Z

スタンドマイクでただ歌うだけっていうのは私の中では顔がいい人しかやれない特権だと思ってて!!最近元太とビジュアル担当で対談してたし世間的にも顔がいいってカイトなのかな?ってことでスタンドマイクにしたらサマパラ'19とそう変わらない感じになってしまった…!聴かせる歌だから、虎者で落ち込んで練習した歌を披露できる場になればいいなっていうのと去年より少し大人っぽいものになればいいかな〜と。強引に引き寄せ君は目覚めて口づけ合った♪の部分とかスタンドをしたから撫であげてマイク引き寄せて最後にカメラを見つめてみたらめちゃくちゃカッコいい!!!それ以外にほとんど振りという振りはなし!!!顔のアップ3連ははしもっちゃん(橋本涼くん)がやってたのを借りました〜。最後のところは本編でも漏れてたけどみゅーとくんがセクセカでやってた回し蹴りをして欲しいな…好き…。最近うみんちゅというよりカイトって呼んでるな〜見た目も中身もカッコよくなったなって最近よく思う。(親か!)

 

①⑦Namidaの結晶(TravisJapan)

入れどころを迷った曲Part1!もうどこにも入れられないかと思った笑

ジャケットノールックで渡すのが見たかっただけみたいなところある。最初は砂グラのハイキックの時に全員配置についてしゃがんでもらってイントロはカイトに1人で周りを舞ってもらおうかな〜とも思ったけどバックと衣装が同じなのはな…ってなってジャケットノールックが生まれた!

 

①⑧Dance with me 〜Lesson1〜ジャズver.(TravisJapan)
①⑨チョコラタ(Hey!Say!JUMP)

大人っぽいオシャレなコーナー!なのでジャズ!衣装替えしたかったからDWMは4.3に別れてもらったけどこれおそらくものすごく着替え時間がタイトで大変なんだろうなって作ってから3人にはごめんよってなった笑 移動して着替えしてって実際できる気はしない足つりそう笑

チョコラタは曲探してて見つけたやつ。ジャニーズWESTのCHO-EXTACYと悩んでチョコラタにしたのは私にエロを考える脳がないから!YSSBをセトリに入れたのもそれ。新しく考えるのが無理だった〜。Sexyより断然Cute派。ちょっとでもオシャレにSexyにしたくて後半はパンキングぽい振りにした。サマパラ'19のFUNKAFULL FUNKAFULLの感じ。ステッキを軸にポールダンスぽい動きも入れたらなおのことSexyだよね。しゃがんだりするやつ。コーティングされた黒いスーツ着て♪のところは赤いスーツって歌って欲しい。

 

②⓪Secret Code(KinKi Kids

閑也のソロは最後まで決まらなかった〜!閑也っていい意味で無というか究極のバランサーだなと思ってて。これ貶してるわけじゃないんだけど、昔はシンメもいなかったし無所にいるとやっぱり上手いから閑也ばっかり見ちゃうんだけどトラジャにいると1番印象がないのが私の中では閑也だったんだよね。ダンスも性格もトゲというか癖のある個性がある人たちの中で唯一真っ直ぐに振付師さんの意図を汲んで踊ってたのが閑也だった気がして。その普遍的なところがしーくんが元から持ってるいいところだと思ってるからどの方向にも振れるなと思って悩んだ。どの曲が似合うとかパッとイメージが浮かばなくてめちゃくちゃ候補曲があったし、それこそテイストを変えられるからセトリのどこにでも入れられそうでもっといいのがあるんじゃないかって考えまくった!難しかった。これって逆にすごいことだと思うんだよね。どの色にもなれる。今は振付師とかコメディーとかパパ、リア恋っていろんなキャラ付けがあるけどバランサーであることに自信を持って欲しいなと。トラジャには欠かせない存在だと思うので。いないとまとまらん。って話がだいぶ逸れたな。

それでSecret Codeにしたのはジャズの流れを壊さない曲でオシャレ感があるものにしたかったのと、演出を考えた時に閑也なら全体を見て楽しめるものを作るかなと思って踊りながら音符踏んだら照明が変わるものにしました!バックをつけなかったのは、いつも閑也は振り付けを人のためにメンバーが踊りやすい振りで作る優しいところがあるから自分のためだけに全部使って欲しかったので。ただ、可愛いカテゴリーに入れちゃったけどまちゅはアーティスティックなかっこいいものを本当はやりたかっただろうなって思いもあってエレキで出演してもらった。実はSecret  Codeはまちゅがやりたかったけど着ぐるみ担当にさせられたって裏話だったら可愛い笑

 

②①愛なんて(NEWS 手越祐也

ソロ曲は検索して曲探ししたんだけど如恵留くんには弾き語りをして欲しいって意見が多くて嵐の二宮くんの虹を歌って欲しいって人も多かったんだけど1回宮近くんとやったことあるから愛なんてにしました。

赤い薔薇2本にしたのは、赤にはあなたを愛していますとか熱烈な恋とかの意味があって2本にはこの世界に2人だけって意味があったので。あ、愛が重いぃぃ〜。(って言いたいだけな人。)しめちゃんだけに踊ってもらって2人だけの世界にしてもよかったんだけど如恵留くんの記憶の中の2人を描いて最後薔薇を見つめて想いを馳せるってのもいいかなと思ってしめちかにペアダンスをしてもらって如恵留くんにはストーリーテラー的なポジションになってもらいました。しめちかのダンスはコンタクトダンスみたいに密着して踊るような部分もいれたいな〜。

 

②②Mission(SexyZone 中島健人

セクシー担当の元太くんにはソロ曲もセクシーに。演出面を重視してレーザーいっぱい使っていろんなことして欲しかったのでMissionにしました。元太の歌声が甘いから儚い感じのラブバラードを歌ってるのも好きだけど去年がAnniversaryだったので今年はこっちの方面で。レーザーよけながらの部分とかWi-Fiよけるのとは違って(Wi-Fi好きすぎか)めちゃくちゃカッコよくやって欲しい。緩急つけて急に背中そってしゃがんだりフロアの動き入れてみたり。上下の動きと速さの緩急はつけたい。カッコいい。途中で動かずに罠を見極めるみたいにカメラを見つめて歌うだけの時間も欲しい。かきあげんた。Tシャツ破りはシャツはだけで。

 

②③Let it BURN!(Kis-My-Ft2

レリバン前のインストでOriental Surfer(関ジャニ∞)を入れたけど最初はShelter(V6坂本昌行)の冒頭の音で3.3に分かれて踊ってもらおうかなと思ってて。レリバンはどうしてもセンステでやりたかったし元太はシャツ閉じてジャケット着ないとだし時間が欲しかった。でもダンスバトルにはしっくりこなくてジャニーズのインスト探してたらここに辿り着いた。元太はMissionに成功したけどラスボス待ってて仲間を連れてボス戦に行くみたいなイメージ。だからライフルとか持ってそうだなーってなって炭ガス噴射するやつ持たせたかったけど天井から吊るされたら炭ガス持てるのかな???ってなってやめた。笑

レリバンは2019年の横アリのぷれぜんと公演のメイキングでセトリ入りしてたけど削られた曲だったのが判明したのでやることにしてた。だから松倉くん御所望の色がついた炎って言ってるの読んだ時ここで使うの即決した!笑 松松が踊ってるのは記憶にないから初めてになるのかな。2017年6月放送の少クラで映像に残ってる振り付けそのままで。あれは構成を如恵留くん、振り付けをトラジャの振付師4人で作ってイントロをしめ、A・Bメロを宮近、サビをみゅーと、間奏(1サビ終わりのバラバラで踊ってるところ)を閑也で作ったものなんだけど(Dance SQUARE vol.19より)アウトロについて言及がなくて。私の中ではしめなんだけど閑也って言う人もいるからそこのところをずっと聞きたいなと思ってる曲だったりする。少クラではカットだったイントロとAメロの間の部分が1人ずつ踊り繋ぐ感じで、身体を通ったボールを投げてキャッチした人が次踊る感じで移っていくようなイメージだったからそれこそ操り系は閑也っぽい振り付けだなと思ったりもするんだけど、繊細な方の細かい振りだったイメージもあるから…しめなのかな??(答えは出ない)閑也は1サビ後のバラバラで踊るところって言うし(Oh, oh...I'll let it BURN! I'll be by Ur SIDEの部分)だとしたらここの部分を閑也が松松にどの振り付けるのかも楽しみだったりする!振り付けの話は一生してられそう笑

 

②④VOLCANO(TravisJapan)

1つ1つの曲の完成度が高いのがトラジャらしいなと思ってるんだけどこの曲の完成度の高さは本当にすごいなと思って、トラジャにしかできない曲だなとも思う。盛り上がりのスパートに持ってきたい曲だしそれにふさわしい曲だなとも思う。中途半端にはできない。めちゃくちゃカッコいい曲がトラジャに来てくれてよかったなと思う曲の1つ。

 

②⑤新曲(TravisJapan)

聞きたいーーー!新曲ーーー!超気になるーーー!来月少クラでやって!ってことで要望出してきた。少クラが先かJASRACの登録が先か。はたまたダークホースの配信があるか?レディース・ゴー!

 

②⑥Together Now(TravisJapan)

入れどころを迷った曲Part2。もはや歌わないことにした。そしてエンドロールになった。歌おうにも衣装も変える暇ないし個人的にはやっぱり舞台で聴きたいなって気持ちもあって…。間にも上手く入れこめなかったからアンコールの着替えの時間と体力を確保するためにもエンドロールに。でもエンドロールにすることでトラジャに入るって部分を目に見える形に持っていけたのはよかったかもしれない。最後に今日の公演の1枚が映るのは好き。(自画自賛か)

 

②⑦Guys PLAYZONE×千年メドレー

まず先に各所に謝罪しないといけないやつ。いろんな人に怒られそう。いや、こんなの書いてる時点で怒られっか!笑 混ぜるな危険を混ぜてすみません。伝統を汚すつもりがあったわけじゃなく。ただガイズ2020は必ず1年の中のどこかでやるだろうなと思ったしこの曲に対する思い入れは人によってかなり違いがあるから普通にやってもモヤるのかなって気もして、いっそのこと目新しくしてしまおうかなと混ぜたらなんかカッコいいかもしれないと思って、とはいってもremixというよりメドレーにしただけなんだけど。如恵留くんだったらカッコいいremix作れるかな?個人的にはガイズ2018も特にモヤるとかなかったんだけど(2019は別問題でモヤった。トラジャは悪くない。詳しくはここに吐いた。

 

smyckak.hatenablog.com

 

)基本的に全部別のフォルダーで保存してるからどっちがいいとかもなくどっちも好きなんだよね。すぐ記憶は持ち出すけど。取り出すのは簡単。その癖は治らん。笑 その割に雑誌の管理してないから裏付けは時間かかる。(なんの話?)

 

②⑧山手線外回り(タッキー&翼Cha-Cha-Chaチャンピオン(SexyZone)キミアトラクション(Hey!Say!JUMP)メドレー

カイトが言ってた「昔からのファンの人にも楽しんでもらえて、新しいファンの人も置いていかないようなライブ」をこの部分に持ってきた!選曲は昔披露してた曲でなおかつ合いの手があるってこと!松松のことよく知らなくてキミアトめっちゃ好きだけどやってたことあるのかな?って検索したら同じ年のクリエでやってて運命!!!!!ってなってすぐ決まった!笑 宮近くんが作る合いの手がトラジャとトラジャ担の合言葉みたいだなとずっと思ってて。例えば夢ハリでいう「みんなで一緒に」とか。もうその言葉聞いただけで夢ハリが思い浮かぶし逆も然り。曲聴けば合いの手が思い浮かぶのってそれだけでその曲をトラジャ色に変えられる魔法の言葉だなと。やっぱり宮近くんって夢の国出身だよね〜魔法をかけるのが上手〜!だからそれを共有できたらみんな楽しめるんじゃないかな〜と。それにファンサ中って遠くにいると寂しくなるから踊れたり合いの手あったりするほうが好き。

 

②⑨Unique Tigers(TravisJapan)

最後はみんなで盛り上がりたい!ファンコール講座もできたし準備万端でこの曲を待ってるみたいなところある!

youtu.be

 

〜最後に〜

作ってみて思ったけどコンサート作るのってほんと大変なんだな〜と。特に私は衣装への興味がものすごい低かったから着替えのこと考えるのがめちゃくちゃ大変だった!(優先順位:ダンス>演出照明>顔>>>>>衣装)

f:id:smyckak:20200403155632j:plain

だってのっけからこの衣装。よく見たら宮近くんが中に来てる服DWMの衣装だし!オースティン 1日目は普通に赤虎のベスト着てたよね???なんで!?気付かなかった!笑  ジャケットだけ脱いで中は着まわしにする設定にしたからみんな中の服は好きにカスタマイズしてね…ファッション担当のメンバーめちゃくちゃ必要。トラジャにもファッション担当いてよかった。

考えたけどこれでも実際やったら無理なんじゃないかと思う部分たくさんある!まず運動量が…笑 1公演踊りきる体力のペース配分もめちゃくちゃ考えて動線をなるべくシンプルかついろんなところに行けるようにって難しいね〜ほんと。大きな会場だからこそいろんなところに!というより演出で大きく魅せて近くに感じてもらうほうが簡単なんじゃないかなと思うんだけど近くに行くって言ってくれるんだよね。優しいなTravisJapan。私は走り回って足つってまで頑張ってくれるよりは近くに行かなくてもいいからガッツリ踊り切って欲しいかな〜。若いと走らされるもんなのかな〜?今回はいろんなところに行くって言ってる雑誌があったからなるべく散らしたけど最終的にセンステに集まりがちすぎたな笑 

これ作り出してから2週間ちょいあっという間だったしだいたい楽しんでやってたけど苦しんだところもあったからコンサート準備してくれてた7人並びにスタッフの皆さんのことを考えるとぴあアリーナMMの公演はやって欲しいな…ってなるけど今は命が最優先ですね。また元気にみんなに会える日を楽しみに!なんとなく楽しく過ごせてるので自給自足で楽しめる自分の脳のポジティブさに救われた!笑 いや、ほんとあっという間に2週間経ったからありがたかった!落ち込む暇はなかった!でも多分もう文字にするのはやらないと思う笑

長々と読んでくださりありがとうございました。なんかまた友達と盛り上がったら動画とか作るかも〜。Twitterも画像貼るのに開設したからマシュマロ置いてみたので誤字誤報とかあれば連絡下さい。

Enter1234567を脳内開催してみた〜後編〜

Enter1234567を脳内開催してみた前編に引き続きMC後の後編を開催していきたいと思います!

 

〜目次〜

 

→ステージ構成

f:id:smyckak:20200402041031j:plain

 JKL側にメインステージ。アリトロは十字に動く。スタトロもあり。

メインステージは2段。上段の左右に小窓あり。下段からは2箇所、上手と下手に向かって階段がある。センターに大きなモニター左右に小さなモニターがある。

 

→本編

MC終わり。

宮近 じゃあ声出ししよう!皆さん立って下さい!

如恵留 後半いけんのか!?\イェーーイ/もっと!\イェーーイ/それでは後半戦参りましょう。しめちゃーーん!?

①⑤私のオキテ【チキンバスケッツ】(SexyZone)

衣装 ドラマ49チキンバスケッツの衣装、松松は玉虫衣装に白のジャケット

f:id:smyckak:20200930034334j:plain

構成 メインステージ

しめちゃんソロ曲。メインステージ下段に七五三掛くん。その横に松松。振りは本家のまま。Aメロを歌いながら真ん中の階段を降りるしめちゃん。(この時だけメインステ中央にも階段出現。松松は左右の階段。)ラスト決めポーズはしめちゃんの今日のひとこと付き可愛いポーズ。片膝立ちでしめちゃんをキラキラする松松。

 

①⑥砂のグラス(A.B.C-Z

衣装 玉虫衣装(バックの3人はジャケットなし)

f:id:smyckak:20200930034811j:plain
構成 バクステからセンステへ

f:id:smyckak:20201130232028j:plain
バクステのポップアップを使ってスタンドマイクを持って登場。1番の終わりまでバクステでスタンドマイクを使って歌うカイトのソロ曲。センターモニターは横顔/正面/斜めから撮ったカイトの顔を3つ並べる演出。床にスモークを漂わせて照明を当てる。

間奏でヘッドセットをつけてアリトロを使ってセンステへ。その間センステでは宮近、松田、吉澤の3人で踊る。

ラスサビは4人で本家バックの振り付け。最後は回し蹴りして欲しい。

 

①⑦Namidaの結晶(TravisJapan)

衣装 玉虫衣装

構成 センステ

イントロでジャケットをノールック手渡ししてすれ違う。

如恵留→宮近、しめ→閑也、松倉→元太

間奏はレーザーを使ってギラギラに。ラスサビはひと筋のヒカリに照らされて羽が落ちてきて会いたい会いたい♪のところで水面に落ちた雫の波紋が広がるようにぶわーーーっと客席にヒカリが広がっていく演出。

 

①⑧Dance with me 〜Lesson1〜ジャズver.(TravisJapan)

衣装 玉虫衣装→赤のショートジャケットDWMの衣装

f:id:smyckak:20201130231322j:plain

構成 センステから外周、メインステージ

f:id:smyckak:20201130231424j:plain

DWMをジャズアレンジで。松田、松倉、七五三掛、宮近でステッキを使って外周へ移動しながら踊る。1番の終わりに4人を照らしていたスポットライトが全部メインステージに集まって川島、吉澤、中村の3人がメインステージ下段に。(松松しめちかの4人ははける)Mack the Knifeの間奏(ABC座'17の使用音源参照)を挟んでのえるくんの台宙!

Hey,Come on!Dance with me!〜♪

(ここからラストまでは3人で通常ver.のDWM)

ラストの宮近くんのひとことパートは3人で日替わり。

 

最後のセリフに突っ込みつつ3人で軽くトーク

閑也 俺らもステッキで踊りたかったー!

中村 あ!あそこにステッキあるよ!

川島 ほんとだー!

(3人でステッキを取りに行ってカメラに近づく)

せーの!チョコラタ♪

①⑨チョコラタ(Hey!Say!JUMP)

衣装 赤のショートジャケットDWMの衣装

構成 メインステージに3人、外周ポップアップに4人。全員外周へ

f:id:smyckak:20201130231552j:plain
外周ポップアップにそれぞれポーズを決めた4人が登場。

しめちか Tasty CHOCOLATTA♪

 〝Bitter,Sweet,Love〟

ステッキを使ってダンスしながら外周を移動。すれ違うメンバーは2人でダンスするパートもあり。Rap調になるところでステッキとさよなら。

その後のパートはパンキングぽい振り付けで女性的なSexyを演じる。

 

②⓪Secret Code(KinKi Kids

衣装 赤のショートジャケットDWMの衣装にハット 

構成 斜めの花道を進む

f:id:smyckak:20201130231652j:plain
閑也くんソロ曲。斜めの花道がカラフルな音符の道に変化。音符を踏むと会場の照明もその色に変わる。ダンスしながら音楽に合わせて音符を踏み鳴らす。

間奏でエレキギター松倉くんが外周に登場。

ラストはハットを投げてポップアップを使って消える。

 

②①愛なんて(NEWS 手越祐也

衣装 白シャツの胸ポケットに赤い薔薇2本、下はDWMの衣装(バックの2人はDWMの衣装ジャケットなし)

構成 メインステージ下手側にピアノ

f:id:smyckak:20201130231727j:plain
如恵留くんソロ曲。ピアノで弾き語り。途中でしめちかが出てきて裸足でペアダンス。コンテンポラリーぽい振り付け。落ちサビ終わりにしめちかがはけて如恵留くんのアカペラからオケ音源に。歩いてセンターに。

未来なんて 君なしじゃ 見えないよ いらないよ(薔薇をポケットから取り出して慈しむように薔薇を見つめながら歌う)

 

②②Mission(SexyZone 中島健人

衣装 ハーネス黒スーツジャケットなし

構成 斜めの花道を進む

f:id:smyckak:20201130231811j:plain
ポップアップで登場。元太のソロ曲。レーザーを使って様々な罠を潜り抜けるように踊りながら花道を進む。手にもレーザーを持ってて「君に…君に…」のところで会場の各所を狙い撃ちする。シャツはだける。Sexy Tiger本領発揮。

 

ポップアップを使って元太が消えると突然レーザーが張り巡らされ照明がぐるぐる回りOriental Surfer(関ジャニ∞)が流れる。センステ天井から6人登場(横1列鉄格子)。1人ずつ顔のアップがセンターモニターに映る。うぉい!うぉい!うぉい!うぉい!って煽ってセンステへ降り立ち、檻は上に上がっていく。

②③Let it BURN!(Kis-My-Ft2

衣装 ハーネス黒スーツ

f:id:smyckak:20201130231917j:plain

構成 センステ

振り付けは昔披露したものに少し手を加えたもの。サビはフォーメーションを駆使して360°各方面を正面にする2017年Jr.祭り大阪公演で披露した時と同じ構成。色のついた炎がバンバン上がる。

 

②④VOLCANO(TravisJapan)

衣装 変化なし

構成 センステからメインステージ

サビでバーンと特攻、炎も上がる。ラスサビで走ってメインステージへ。

 

宮近 最後の曲です。新曲〇〇〇〇!!

②⑤新曲(TravisJapan)

衣装 変化なし

構成 メインステージ

盛り上がる系の新曲。最後はメインステージの下段に帰っていく。

 

②⑥Together Now(TravisJapan)

練習風景や公演の映像も交えたエンドロール。ラストカットは「ある日願いが叶ったんだ」のラストに撮った会場をバックにしたピースの写真。当日撮ったものが流れる。

 

アンコール

②⑦Guys PLAYZONE×千年メドレー

衣装 金刺繍のスーツ

f:id:smyckak:20200215055043j:plain

構成 メインステージ

始まりはガイズ。サビ前の4.3.2.1でV字フォーメーションになって前から順番に下を向いて待機。「All the World Is A Stage」のロボットダンスの部分から千年メドレーへ。ロボットダンス終わりで「いつか消える」まで飛ぶ。「IT'S A SHADOW」で暗転。再びガイズのイントロがフェードイン。その間にジャケットを脱いで4.3.2.1でサビからガイズに戻る。

 

②⑧山手線外回り(タッキー&翼Cha-Cha-Chaチャンピオン(SexyZone)キミアトラクション(Hey!Say!JUMP)メドレー

衣装 変化なし

構成 アリトロ、スタトロ、外周

ファンサ曲メドレー。山手線外回りは宮近車掌による合いの手あり。

オワンナイ 終点ナイ(終点ナァーーーイ!)

オワンナイ 全然(全然終わんナァーーーイ!)

口説いてますか?Boy Friends(閑也!)

理屈はいらない(いらナァーーーイ!)

告ってますか?Girl Friends(しめちゅゎーーん!)

運命はキミ次第(超特急!)

閑也としめちゃんは飛び切りの甘い顔をカメラに向けてしてくれます。

Cha-Cha-Chaはトラジャちゃんぴおーん!

TJ!チャチャチャ

TJ!チャチャチャ

トラジャちゃんぴおーん!

キミアトはトラジャがNo.1

トラジャがNo.1!トラジャがNo.1!やっぱりトラジャが??\No.1/

 

②⑨Unique Tigers(TravisJapan)

衣装 変化なし

構成 外周、センステが1段上がっている。

センステが1段上がっているので紹介される人はそこに乗る。曲に合わせて順番にセンステセンターに向かう。ファンサに夢中で間に合わない人数名。

最後はメインステージで俺たちが\TravisJapan/銀テープぱーん!

はけぎわのひとことはランダムで。終演。

 

→公演ダイジェスト

それとなーーくダイジェスト映像です。衣装とか合わせられなかったものもあるので雰囲気ダイジェスト。前編より雑かもしれない…笑 本編までです。アンコールはごめんなさい。

https://www.instagram.com/tv/B-zkwJ1H2VQ/?igshid=1xcs08e3i6fab

あとがき(という名のゆる〜い雑談。細部の演出と製作過程も。)書いたので暇があればのぞいてみて下さい。

Enter1234567を脳内開催してみた〜前編〜

TravisJapan 単独 LIVE TOUR 2020

Enter1234567 (エンターセブン)

本当だったら4/11、4/12大阪城ホール

5/8、5/9、5/10ぴあアリーナMMにて開催予定でしたが昨今のコロナウイルスの猛威により残念ながら大阪城ホールの公演の中止が決定してしまいました。

 

自宅待機でおうち時間が増えて「光の王」の公演も中止になって気分もどんよりしてきたのでやれないならやってしまえ!コロナワールドなんて吹っ飛ばせ!ってことでEnter1234567を勝手に脳内開催することにしましたーーー!!!!!!!

伝わるかは置いといて(がんばれ)文字にしたのでコンビニ感覚で寄ってって楽しんでもらえたらと思います。

※雑誌等で本人達が語った言葉を参考に作る虚言空間です。

〜目次〜

 

Enter1234567
〝ENTER〟はTJに加入する…とか、ライブの世界に入る…って意味。あと〝決定〟や〝送信〟のボタンでもあるから、僕たちの姿を皆さんの目に決定づけて、そのコンサートを広く発信したいっていう意味も込められています。(週間ザテレビジョン2020年4/3号)

宮近くんが提案したEnterというワード(決定、送信、発信、入り口)に1〜7文字つけて様々な言葉ができる(エンターテイナーズ、エンタープライズ等)と肉付けしたのえるくん、1234567をセブンと読もうと提案したしめちゃんによって決まったタイトル。※読み方はのえるくん発案表記の媒体もありましたがしめちゃん案が多数だったのでしめちゃんということにさせてもらいました。

1〜7に当てはまる言葉は自由なので変幻自在なものという裏メッセージもある(川島)

ファンのみんなにも当てはまる言葉をいろいろ考えて欲しい(宮近)

 

→参考資料

2020.3.18発売 TVガイドAlpha EPISODE CC

・七五三掛 シンクロダンスも個性があるダンスもヤバいなって思ってもらえるくらい攻めたい。会場が広いから外周とかもうまく使って遠い席の人たちの近くにも行きたい。

・川島 スタイリッシュも提案していきたい。ダンスにコミットした演出も考えられるしバラバラでみんなのところにも行けるし近さと遠さの両方を兼ね備えたライブになったらいいな。

・中村 昔からのファンの人にも楽しんでもらえて、新しいファンの人も置いていかないようなライブにできたらいいんじゃないかな。

2020.3.18 発売 TVガイド2020年3月27日号

・川島 初めての会場で自分たちだけのセットを作ってもらえる。

2020.3.23発売 SODA2020年5月号

・松田 大きい会場ならではの機材を使ったりして印象に残るような演出込みで曲をできたらいいな。

・中村 他のグループとはちょっと違うものを持っているグループだと俺は思っているから、それを全面にだせるといいなと思っています。

・松倉 アイコンタクトは大事だよね。

2020.3.24発売 月刊ザテレビジョン2020年5月号

・宮近 海人の誕生日はギリ祝えるでしょ!東京ドーム借りて2塁くらいで祝おう。

2020.3.25発売 週間ザテレビジョン2020年4/3号

・中村 目新しいステージ。盛り上がる系の新曲。

・松倉 ジャニーズ初の外周の形。色のついた炎を出したい。

・松田 なかなか豪華。新曲をやる。

・七五三掛 コンセプトは〝大人カッコいい〟。着ぐるみを着たい。

・川島 今までのミュージカルっぽい感じや、〝みんなで盛り上がろう!〟的な感じとは一味違って、ちょっとクールな感じで攻めてる。

・宮近 この曲で俺らは売れるぞー!!って感じの新曲。

※参考資料は意訳してある部分もあります。

 

→ステージ構成

f:id:smyckak:20200402041031j:plain

JKL側にメインステージ。アリトロは十字に動く。スタトロもあり。

メインステージは2段。上段の左右に小窓あり。下段からは2箇所、上手と下手に向かって階段がある。センターに大きなモニター左右に小さなモニターがある。

→本編

・OVER TRUE

Enter1234567のロゴを運んでロゴ作りを手伝うティジェの映像よりスタート。出来上がるとカチっとマウスをクリックする音とともにロゴのEnterキーを押すティジェ。フェードインで音楽が流れ暗転。そこかしこに7色のライトが張りめぐらされライブ開始!

 

①Entertainment(Hey!Say!JUMP)

衣装 上赤虎ジャケットなし、下青銀衣装のパンツ(写真のジャケットなしのようなイメージ)

f:id:smyckak:20200403155632j:plain


構成 バクステからメインステージに向かって順番にポップアップ登場→メインステージ

f:id:smyckak:20200404052743j:plain

マイクONにしてセットは既に準備 Alright(宮近)

バクステポップアップ登場。バーンと特攻あり。センターモニターにメンバー紹介〝KAITO MIYACHIKA〟のロゴが入った写真。左右のモニターは本人映像。歌い終わりに次に出てくるメンバーの方向を指差す。振りは基本的にフリー。

どんな角度もスキないポーズキープ In my mind(七五三掛)

Gonna get your heart I'm gonna get, gonna get your heart(中村)

瞬きさえもさせない展開 Burn it up(松田)

そんなミッション 余裕っしょ?革命的オペレーション(4人)

4人はメインステージに向かい始める。

何だって出来るYeah yeah yeah oh(吉澤)

歌唱後すぐメインステージへ。

Never give it up Never give it in あのフラッシュライトよりずっと(松倉)

歌いながらメインステージへ。

眩しく光放つ(川島)

メインステージ奥から歩いて登場。

Don't stop(松田)

元太の投げチューで暗転して一瞬のブレイクの間に縦一列に並ぶメンバー。

曲が再開して繰り広げられるカノン(同じ振りをカウントずれで踊ること)や合わせ技を駆使した7人連動のダンス。全体で見て見応えがあるダンスで構成。振り付けは宮近・閑也の合作。

 

②COUNT 7EVEN(Kis-My-Ft2

衣装 赤虎ジャケット着用

構成 メインステージ

赤虎ジャケット羽織りながら曲が始まるキスマイ兄さんStyle

7(松倉)6(松田)5(吉澤)4(川島)3(七五三掛)2(中村)1(宮近)

バキューンとピストルで撃たれるところはランダム。オーラスは全員。

 

③Happy Groovy(TravisJapan)

衣装 変化なし

構成 メインステージから外周を通って斜めの花道を使う

f:id:smyckak:20200404044913j:plain

Let's go!って宮近くんの声を合図にAメロで外周に散っていく。

Bメロで斜めの花道にメインステ側から吉澤、松田、七五三掛、宮近、中村、川島、松倉

 

(イントロ)〜♪さくら〜♪(赤虎ジャケットとベストを投げると同時に桜吹雪が舞う)

④さくらガール(NEWS)

衣装 赤虎ジャケット&ベストなし

構成 斜めの花道からセンステに集まる

Aメロは3、4で分かれて歌う。歌わない人たちはしゃがんでフロアを使った振り付け。

Bメロでセンステに移動。サビからピンクの布を使ってダンス。

落ちサビはセンター松田元太で周りを囲んで桜の花びらのように見せる。振り付けはしめちゃん。

 

元太×閑也の山田くん大好きコンビでイントロを飾るところからスタート

⑤ファンファーレ(Hey!Say!JUMP)

衣装 変化なし

構成 センステから斜めの花道を使う

f:id:smyckak:20200404045254j:plain

2番で斜めの花道に移動。メインステ側から川島、松倉、宮近、七五三掛、松田、吉澤、中村

「忘れられないよ」はしめちゃん。本家の振りおこしをしながら少しアレンジを加える。振り付けは閑也。

 

イントロでスモークがバーーッと出て青銀ジャケットを投げ入れてもらう。

⑥YSSB(ジャニーズWEST

衣装 青銀ジャケット着用

f:id:smyckak:20200405190350p:plain

構成 斜めの花道からバクステに向かう

f:id:smyckak:20200404045354j:plain

バクステの上手側の角のカメラに向かって歌うカイト(閑也は先にバクステへ。ジャケット肩掛けの元太が絡む)→下手側角の宮近(松倉は先にバクステへ。後ろからのえるくんに絡まれる)→上手側角の七五三掛→バクステセンターで松松(全員バクステに集まる)

歌割りや振り付けはぷれぜんとやSummer Paradise2019同様

 

⑦Lock Lock(TravisJapan)

衣装 変化なし

構成 バクステから外周リフターへ

 f:id:smyckak:20200404055506j:plain

派手に暴れようCrazy〜♪で走り出して外周リフターに向かう。

誰も邪魔できないShow time〜♪でリフターが上がりだす。

宮近 大阪…Drop it!! おい!おい!おい!おい!Say!

とら子 \おい!おい!おい!おい!/

宮近 おい!おい!おい!もっと!

とら子\おい!おい!おい!おい!/

宮近 まだまだ出るだろ!!

って感じで煽って

派手に…チッチッチッチッチ(時計の針の音)派手に…ジリリリリ(時計のアラームの音)派手に暴れようcrazy〜♪って落ちサビ?飛ばしてラストスパート。

 

⑧Water Drop関ジャニ∞

 衣装 変化なし

 構成 リフター上から降りてセンターステージへ

f:id:smyckak:20200404060013j:plain

リフターが下がってきてサビ前で地上に着いてサビはその場でダンス。振り付けはしめちゃん。

間奏の間に宮近、中村、川島の3人はアリトロでセンステへ。松田、松倉、七五三掛、吉澤の4人はサビでセンステに着くように、4人で合わせて軽く舞いながら歩いてセンステへ。

あのときあの場所に辿り着けたら(中村)

今も僕の隣で笑ってくれてた(川島)

(サビ)〜♪

だけどわかってるもう届かないこと(宮近)

先に着いた3人を乗せてセンステ中央の盆(床が回転する舞台装置)が浮上。後から来た4人はその周りの盆に乗って浮上。ダンスなし歌唱のみ。宮近くんの歌唱部分はカイトとのえるくんは外側の盆に降りる。最後のサビは宮近くんも外側の盆に降りて7人でダンス。(その間、中央の盆は下り、外側の盆が1番上まで上がる。)Rap担当はしめげん。

 

ザァーーっと雨の音が鳴りセンステの中央に次々と飛び降りていくメンバーに手を伸ばすも1人残される宮近くん。ぅわぁぁぁぁーーーー!と頭を抱えて崩れ落ちる。(イントロ)〜♪

⑨舞い、恋(中山優馬

衣装 変化なし

構成 センステからメインステージへ

悲しみに暮れながら1人歌う宮近くん。すると誰もいない外周に緑色のスポットライトが当たり、センターモニターに踊るカイトの映像が映る。ライトに気付いてそちらに行こうと手を伸ばすと消え、別の場所に違う誰かのカラーのライトが光るのを繰り返す。

2番の最初でアリトロを使ってメインステージへ移動。(移動中にジャケットを脱いでギュッと抱きしめる)

恋は花のように儚く散っては〜♪(宮近くんの隣に青のスポットライト。センターモニターには踊る元太の映像)モニターの映像に合わせてペアダンスのように舞う。

ラストはメインステージの奥へ1人消えていく。

 

①⓪ある日願いが叶ったんだ(V6)

衣装 パステルカラーのトキメキ衣装

f:id:smyckak:20200930033148j:plain

構成 メインステージ

メインステージ上段の小窓に腰掛ける松松、反対側の小窓にしめしず、下段の上手にのえる、下手にカイト。

歌詞に合わせた映像がモニターに映る。流れ星を手で描くとモニターに流れ星が流れるような手話を取り入れた振り付けでモニターに連動させる。演出松田元太、手話監修川島如恵留

落ちサビで宮近くんも合流して横1列に並び、ラスサビは隅っこの元太から順番に元太がするポーズを真似っこ×4ポーズ。最後は全員で肩を組んで大熱唱!会場に虹が架かる🌈

曲終わりは会場をバックにピース✌️

 

①①Talk it!Make it!(TravisJapan)

衣装 変化なし

構成 メインステージから外周へ

Aメロからアリトロ(川島、松倉、吉澤)とスタトロ(七五三掛、中村、松田、宮近)も使って外周へ。

みんなの近くにいくよーーー!byしめちゃん

 

①②秘密(嵐 二宮和也

衣装 変化なし

構成 センターステージ

松倉くんソロ曲。センターステージ真ん中に松倉くん。その周りにのえしず。振り付けは本家の振りおこし。途中で盆が浮上して下がると真ん中に虎の着ぐるみの4人が登場。顔に今回のグッズの団扇をさしてて誰かわからない状態で出てくる。だれ!?だれ!?!?ってパニックになってとりあえず遠くから見て当てようとする。1人ずつ顔出しして虎ののえしずも集合して7人でラスサビを踊って(バックの虎6は団扇を持って踊る)アウトロは1人踊る松倉くんを団扇で応援!!

 

頑張れー!まつく頑張ってー!ってそのまま見送る6人。ここでグッズ紹介。

イチオシはエンターキー!

宮近 最後にみんなでお願いしようか!せーの!

6人 よかったら買ってください!(飼ってくださいの意の人が数人)

(イントロ)〜♪ センステの真ん中が浮上

ゆ〜め〜の〜ハーリウーーッ♪We are dancing All night♪(4足歩行と化した虎まちゅくん登場)

①③夢のHollywood

衣装 虎の着ぐるみ

f:id:smyckak:20200930031625j:plain



構成 センステからメインステージへ

虎の着ぐるみですが真剣に夢ハリ踊ります。

俺らの心一つに〜♪(センステに輪になって円陣)

夢のHollywood〜♪(夢ハリフィンガータットver.)

ラスサビは外周を歩きながらメインステージへ

みんなも一緒にーー!のタップ部分は3種類の指ハートとTJポーズを繰り返す振り付け。

 

①④MC

ゲストがいる日はゲスト紹介。いない日はミニゲームとらとらトーナメント戦をします。

とらとら(お座敷遊びの定番。ざっくり言うとジェスチャーじゃんけん✊✌️✋詳しくは検索をお願いします。)

罰ゲームは愛の告白!胸キュンセリフ!相手役とら子は負けた人の指名制。

ゲームに使った仕切りとドリンク等を片付けるしめ松松。

残ったメンバーで番宣。

11日はゲストにLilかんさいを迎えてLil miracleを披露。時間余ったからリトかんvsトラジャでとらとら3番勝負!勝った方は負けたグループに罰ゲームを指定することができます。

12日はとらとらゲーム後に片付けした3人がケーキを持って再び登場!

Happy Birthday dear カイト〜♪Happy Birthday to you〜♪(ギター松倉、撮影しめちゃん、ケーキ搬入元太)

 

→公演ダイジェスト

それとなーーくダイジェスト映像です。衣装とか合わせられなかったものもあるので雰囲気ダイジェストですがよかったら見てみて下さい。

 https://www.instagram.com/tv/B-zePr_nm5H/?igshid=1dkqkkn1k7fv3

後編に続く〜!

夢のHollywoodに毎回トキめく話

とらちゅーぶに上がった夢のHollywood

https://youtu.be/k_ocWVHKf4I)が披露された2018年3月26日から2年が経った今日更新されたとらちゅーぶの中で2017年8月を最後に、今日までTravisJapanとしてステージに立つことがなくなったEX THEATER ROPPONGIの話題があがった。

 


Travis Japan【捜索願い】黄金の中村海人を東京23区で探せ!

 

初めて夢のHollywoodが披露された2017年8月15日のEX TravisJapan単独公演

のちにTravisJapanのメンバーとなる松田元太、松倉海斗の2人も見学に来ていた。その時にはすでに2人の加入の話が顔を出していたというのだからびっくりだ!加入の話を聞いたのは松松はSHOCKの大阪公演初日の舞台稽古中でトラジャはキスマイバック(ミューコロ)の期間中だったから5月13日〜8月27日のどこかであって。(STAGEnavi Vol.19より)

6月20日の「JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND」会見ではみゅーとくんがいない6人のTravisJapanで会見に出て6人で頑張ります!というのだからこの頃にはもうそんな話が出始めていたのかもしれないな〜なんてうっすら思った。

 

夢ハリはとらちゅーぶでもうみんちゅが話してくれている通り、メンバーが何人か抜けて他のグループはオリジナル曲もある中やっとできた初めてのTravisJapanのためのTravisJapanのオリジナル曲(https://youtu.be/v71p_w-6JGo)3月のJr.祭りで他グループがオリジナル曲を披露する中、曲がなかったのは本当に悔しかった!

 

待望のオリジナル曲。どんなに嬉しかったことだろうか計り知れないけれど、初披露のEXの場では曲の紹介は一切されず、それが誰のなんというタイトルの曲なのかすら全くわからない状態での披露でした。

 

直前の曲終わりはみゅーとくんが1人残って歌っていて、みゅーとくんがはけると6人が出てきて歌った曲。TJポーズが入ったその曲にみゅーとくんはやっぱりTravisJapanを抜けるんだって察するしかなかった。6人がはけるとみゅーとくんのソロ曲が始まる流れも初のオリジナル曲なのに最後までそのことに誰一人として触れなかったのも彼がTravisJapanであることを最後まで全うさせてくれた6人の優しいやさしい気遣いだったのかもしれない。

 

そんな夢ハリのタイトルが初めてわかったのは翌月の9月29日放送のザ少年倶楽部でした。永瀬くんが初のオリジナル曲と紹介してくれたのを見て涙が止まらなかったのを覚えています。大好きなTravisJapanの大好きな曲。

 

9月のJOHNNYS’ YOU&ME IsLANDではセリ上がった盆の上の堂々とした6人の立ち姿を視界にとらえるだけでもう涙が止まらなくてTravisJapanが好きだ!この人たちについていくんだ!ってしっかりみゅーとくんから担降りできた気がしました。帝劇に立つトラジャは美しい。夢ハリは本当に舞台によく映える。そんなユメアイの終わりにまた1人メンバーが抜けることになりました。梶山朝日くん。36歳最年少の彼は大号泣でTravisJapanを去っていった。(実際は18歳)

 

10月のABC座ではアメリカを巡るシーンで夢ハリを使ってくださり、5人がメインで踊るそばで主演のABC-Zと先輩のMADEのメンバーが一緒に踊ってくださるというなんとも贅沢な演出で先輩方の懐の深さを感じ、愛されているトラジャに、曲終わりの温かい拍手で溢れる空間に、寂しさや不安よりも安心と喜び、愛をたくさん感じたそんな夢ハリでした。

 

そして11月湾岸公演の夢ハリは色を変えて2回登場しました。1回目は前半戦5人で披露した曲の最後を締めくくる夢ハリ。途中から松松がゲストとして登場し、いろいろな曲を一緒に披露する中で本編のラストを飾ったのが2回目の夢ハリ。ここには松松を加えた7人のTravisJapanの姿がありました。

 

〝気付いたら7人になっていた〟

 

そんな感覚でした。

「過去と別れを告げて」と歌う大サビには松松2人の姿はなく。5人のTravisJapanの決意と強さを感じ、「掴み取れ 駆け上がれ」と7人で歌う姿に胸が熱くなるような夢ハリ。

自分たちだけで決めるのではなくパフォーマンスを通して2人の加入を認めて応援して欲しいと願った彼らの気持ちが伝わるような夢ハリでした。

ここで2人の加入が決定し、新生TravisJapanとして2幕をスタートさせることになります。

 

翌年の2018年3月TravisJapan初単独横浜アリーナ公演。オープニングを飾った夢ハリ。大きな会場に7人だけで立つ姿に感動してずっとずっと夢みたいに嬉しかった横アリ公演。そんな公演のアンコールで初披露されたのが夢ハリの2番!俺たちの2幕です。YouTubeにあがっているものですね。ここで雑誌等であると噂されていた2番の存在が明らかになります。歓声の大きさが喜びを物語っているようで何度見ても嬉しくなっちゃいます!松松にソロパートができた。過ぎた1幕を積み上げたExperienceとして大事にしてくれているようなそんな優しさに涙がまた溢れました。

 

舞浜アンフィシアターSnowManと共にJr.チャンネルの代表として披露した再撮を駆使したスクリーンをバックに踊る夢ハリ

松倉くんのソロパートから始まるミュージカル風の夢ハリ

8.8で他グループのデビューを聞いた後に披露した悔しさも滲み出る中で踊り上げた夢ハリ

如恵留くんのピアノから松倉くんの歌へ繋いで始まる夢ハリ

合同公演、カウントダウン、オースティンの公演など、TravisJapanのファンではない人達もいる場で披露される夢ハリは〝これがTravisJapanです〟と堂々と魅せる名刺がわりになるようなTravisJapanにしかできない彼等ならではの曲。TravisJapanが大きくなるのと一緒に成長していった曲育った曲そんな大事な曲だなと思います。

 

そんな夢ハリで再び涙したのが初主演舞台「虎者-NINJAPAN」で披露された夢ハリでした。2幕のオープニングを飾る大事な場面で披露された夢ハリはなんだか薄暗く、物悲しいようなメロディが流れ、薄い幕が張り巡らされた中をメンバーが点々と出現しては消えていく…そんな感じでした。

手を伸ばしたら消えていくようなそんな感覚に陥ったとき、スクリーンの後ろに人影を見つけたのです。その影はトラジャのメンバーに寄り添うように佇んでいたりのえるくんとペアダンスしたり。初めて見た時何人もの影がいるように感じました。完全に私の偏見ですがそれが抜けていったメンバーのように思えてしまって…涙

夢だった主演舞台に連れてきてくれてありがとう。最後の1人になってもTravisJapanでいたいと言った彼の気持ちをすくい上げてくれてありがとう。

そんな気持ちで、いつだって過去を無かったことにせず一緒に連れてってくれるTravisJapanの優しさに涙でいっぱいになってしまいました。どんなに変化があっても核が変わらない。ずっとそこに旧メンバーもちゃんといてくれるようなそんな気持ちにさせてくれるTravisJapanのあったかさにいつも心がギュッとなります。

後にちゃんと見たらあの影はおそらくうみんちゅで1人で下手から上手へ踊り繋いでいるんですよね。斜めった見方をしてしまいましたが、私の主観抜きでもあの物悲しさから聴き慣れたイントロが流れてパーンと明るく真っ白に輝くステージに現れる7人のTravisJapanは圧巻でした。手拍子を一緒に!と言って盛り上げてくれる宮近くん。舞台だけどライブのような楽しい空間が作られた瞬間でした。

 

これ以外にも様々な夢ハリがあり、そのどれもが素敵なトキめきを感じるそんな大事な1曲です。これからどんな表情を見せてくれるのかとても楽しみでありそんな変化をしていくTravisJapanが楽しみでもあります。この曲がTravisJapanの元にきてくれてよかった!

 

P.S. 夢ハリといえば「みんなで一緒に」とタップダンスをみんなで踊ろうと煽る宮近くんがお決まりとなっていますがこれが最初に生まれたのが2018年3月26日のTravisJapan横浜アリーナの単独公演でした!笑 その後多くの人の頭にはてなを発生させることとなるこの常套句も愛おしいですね。

初期の頃の夢ハリではラストの8の字でステッキを回す場面で投げ回すと言いますか、バトンの技でいうハンドロールのように手元でいったん離して回していたのでボロボロと落としていたんですよね。ステッキはバトンのように重さが左右対称ではないのでめっっっちゃ難しい!少クラで初披露された際もステッキ落とし過ぎて映せなくて一瞬客席が映るという珍事件!ユメアイでは8の字に変わっていたので松松はステッキ回す練習しなかったのかなーと書きながらそんなことを思ってしまいました。笑